オカルト研究家が唱えた通信障害&電車遅延の陰謀説、大槻ケンヂら爆笑 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年12月7日 > オカルト研究家が唱えた通信障害&電車遅延の陰謀説、大槻ケンヂら爆笑
メニュー

オカルト研究家が唱えた通信障害&電車遅延の陰謀説、大槻ケンヂら爆笑

2018年12月7日 14:00

“オカルト=インチキ”説を覆す最新の プレゼンを敢行「緊急検証!THE MOVIE ネッシーvsノストラダムスvsユリ・ゲラー」

“オカルト=インチキ”説を覆す最新の
プレゼンを敢行
[拡大画像]

[映画.com ニュース] CS放送ファミリー劇場の人気オカルトエンタテインメント番組「緊急検証!」を映画化した「緊急検証!THE MOVIE ネッシーvsノストラダムスvsユリ・ゲラー」の完成披露試写会が12月6日、東京のユナイテッド・シネマ豊洲で行われ、ロックミュージシャンで作家の大槻ケンヂ、コラムニスト・辛酸なめ子、オカルト研究家・吉田悠軌、数々のオカルト番組のプロデューサーを務めてきた康芳夫という出演陣に加え、ナレーションを担当した声優の上坂すみれが登壇した。

大槻は「このシリーズは、毎年大みそかに『紅白オカルト合戦』をやっております。私、紅白歌合戦には1度も出たことがないんですけど……」と自虐気味に挨拶。辛酸は「テレビ版の時から『もうすぐ人類が滅亡するんじゃないか』というノリだったんですが、この映画が公開されるということは、地球は平和ですね」とニッコリ。吉田はこの日に発生した通信障害と電車遅延に触れ、「何者かの巨大な陰謀がこの映画の公開を阻止しようとしたとしか思えない」と陰謀説を唱え、登壇陣の爆笑を誘っていた。

1970年代に日本を熱狂させたオカルトブーム。劇場版では、ブームが過去のものとなり冷え切った現状に風穴を開けるべく、平成のオカルトシーンをけん引し続けた飛鳥昭雄山口敏太郎中沢健からなる“オカルト三銃士”が集結。ネッシー、ノストラダムス、ユリ・ゲラーといった有名なオカルトネタを新たな視点から徹底検証し、“オカルト=インチキ”説を覆す最新のプレゼンを行う。

プレゼンの感想を、大槻は「テーマが非常に昭和を感じさせるもので、世代的にはズバリきました」と語る。辛酸も「ブラックホールに吸い込まれるようなプレゼンでした。海外ロケのゴージャスな風景に癒されて、飛鳥さんのところに出てくるCGがシュールで面白かった。テレビ版よりもバージョンアップしてます」と力強くアピールした。

緊急検証!THE MOVIE ネッシーvsノストラダムスvsユリ・ゲラー」は、2019年1月11日から東京のユナイテッド・シネマ豊洲、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかで公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi