杉田協士監督「ひかりの歌」公開初日決定、第2弾ビジュアルと予告編が完成

2018年12月6日 17:00

「ひかりの歌」の第2弾ビジュアル
「ひかりの歌」の第2弾ビジュアル

[映画.com ニュース] 杉田協士監督の7年ぶりの長編映画「ひかりの歌」が、2019年1月12日より渋谷のユーロスペースで公開されることが決定。ポスタービジュアル第2弾と予告編(https://www.youtube.com/watch?v=bBdD4X_QN8Y)も解禁された。

ひかりの歌」は、歌人・枡野浩一と杉田監督が、映画化を前提に開催した「光」をテーマにした短歌コンテストで1200首の中から選出した4首の短歌を原作とした長編映画。それぞれの孤独の中で生きる4人の女性を主人公に、時に静かに、やさしく包む光のように、4つの物語が紡がれる。

第2弾ビジュアルは、緑の生い茂った公園で、主人公のひとり今日子(伊東茄那)がランニングウェア姿で空を見上げながら佇む様が印象的なデザインとなっている。また、予告編は、本編で使用されている印象的な楽曲が添えられながら、4編に登場する女性たちが描かれ、映画監督の諏訪敦彦氏からの「私は息を飲む。ああ、これは映画だったのだ。そして『ひかりの歌』は私たちのすべての生をそっと包み込んで歌う」というコメントがのったものに仕上がっている。

また、本作の重要なロケ地でもある荻窪ベルベットサンで公開を記念したイベントが12月15日に開催される。当日は、短編映画「映写」の上映に加え、出演者によるライブ、杉田監督を交えたトークが予定されている。

なお、「ひかりの歌」は劇場公開に伴う支援をクラウドファンディングのプラットフォームMotionGallery(https://eiga.com/official/motion-gallery/#hikarinouta)で、12月28日まで募っている。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

MotionGallery プロジェクト詳細

関連ニュース