杉田協士監督7年ぶりの長編「ひかりの歌」、19年新春公開決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年9月28日 > 杉田協士監督7年ぶりの長編「ひかりの歌」、19年新春公開決定
メニュー

杉田協士監督7年ぶりの長編「ひかりの歌」、19年新春公開決定

2018年9月28日 09:00

「ひかりの歌」のメインビジュアル「ひかりの歌」

「ひかりの歌」のメインビジュアル
(C)光の短歌映画プロジェクト
[拡大画像]

[映画.com ニュース] デビュー作「ひとつの歌」以来7年ぶりとなる杉田協士監督の長編映画「ひかりの歌」が、2019年新春にユーロスペースほか全国で順次公開されることが決定し、メインビジュアルと特報が解禁となった。

ひかりの歌」は、歌人・枡野浩一と杉田監督が、映画化を前提とした「光」をテーマにした短歌コンテストで1200首の中から選出した4首の短歌が原作の長編映画。それぞれの孤独の中で生きる主人公4人の女性を、時に静かに、やさしく包む光のように、4つの物語が紡がれる。昨年、第30回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門でワールドプレミア上映され、第19回全州国際映画祭ワールドシネマスケープ部門にも出品された。

各章の主人公として、北村美岬伊東茄那笠島智並木愛枝が出演しているほか、映像制作ユニット“群青いろ”の廣末哲万、劇団“FUKAIPRODUCE羽衣”の日高啓介、映画「川越街道」の金子岳憲らが共演し、杉田監督と交流のあったマレーシアの劇作家リャオ・プェイティンも出演。撮影は飯岡幸子、音楽は“Nibroll”のメンバーであるスカンク/SKANKが務めている。

東京国際映画祭プログラミング・ディレクターの矢田部吉彦氏は、「まるで短歌の音節を刻むように、『ひかりの歌』は様々なリズムで溢れている。キャッチボールの音やランニングの息づかい、そしてブルース。出会いと別れの情感が、旋律となって心の琴線を震わせる。極上の短編小説を映像で味わう全く新鮮な歓びに包まれて、歌を詠んでひかりに乗せたいと僕も思った」と応援コメントを寄せている。

なお、「ひかりの歌」は劇場公開に伴う支援をクラウドファンディングのプラットフォームMotionGallery(https://eiga.com/official/motion-gallery/)で募っている。脚本も手がけた杉田監督は「短歌から生まれたこの映画を携えて、今後、できるかぎり各地をまわって、上映という形でお返しに行けたらと願っています」としている。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi