“キンプリ”永瀬廉初主演「うちの執事が言うことには」19年5月公開 ティザービジュアルもお披露目 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年11月7日 > “キンプリ”永瀬廉初主演「うちの執事が言うことには」19年5月公開 ティザービジュアルもお披露目
メニュー

“キンプリ”永瀬廉初主演「うちの執事が言うことには」19年5月公開 ティザービジュアルもお披露目

2018年11月7日 11:00

相性最悪の主人×執事コンビ「うちの執事が言うことには」

相性最悪の主人×執事コンビ
(C)2019「うちの執事が言うことには」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース]人気アイドルグループ「King & Prince」の永瀬廉が初主演を飾る映画「うちの執事が言うことには」が、2019年5月17日に公開されることがわかった。あわせてお披露目されたティザービジュアルには、名門一家の若き当主を演じる永瀬と、執事に扮する清原翔の姿がおさめられている。

14年に刊行された高里椎奈氏の同名小説シリーズが原作。永瀬は社交界の名門・烏丸家第27代当主の烏丸花穎(かえい)役を務める。花穎に仕える執事・衣更月蒼馬役には、雑誌「メンズノンノ」のモデルとして活躍し、19年のNHK連続テレビ小説「なつぞら」の出演も控える清原。さらに赤目家の御曹司で、スイーツ店のオーナーを務める大学生起業家・赤目刻弥(ときや)役の神宮寺勇太が、ミステリアスなキャラクターを体現する。

頭脳明晰で特別な色彩感知能力を持っている花穎は、父の突然の引退宣言を受け、若くして名門・烏丸家の第27代当主になる。失踪した父が遺した命令で、花穎は突然現れた仏頂面の執事・蒼馬と、不本意ながらも主従関係を結ぶことに。ある日、招待された芽雛川家次男のバースデーパーティーで、花穎はある事件に巻き込まれ、やがて周囲で不可解な出来事が起こり始める。

ティザービジュアルには、謎めいた絵画がかかり、花がちりばめられた豪華な部屋を背景に、こちらを見つめる花穎と、ティーカップを差し出す蒼馬が切り取られている。「うちの執事が言うことには」は、19年5月17日から全国で公開される。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報