「ういらぶ。」キャストで一番の天然キャラは平野紫耀? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年10月9日 > 「ういらぶ。」キャストで一番の天然キャラは平野紫耀?
メニュー

「ういらぶ。」キャストで一番の天然キャラは平野紫耀?

2018年10月9日 21:05

一番の天然キャラは平野紫耀?「ういらぶ。」

一番の天然キャラは平野紫耀?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気グループ「King&Prince」の平野紫耀桜井日奈子が主演する「ういらぶ。」の完成披露試写会が10月9日、東京・有楽町の有楽町朝日ホールで行われ、平野、桜井、玉城ティナ磯村勇斗桜田ひより伊藤健太郎の主要キャストが勢揃いした。

「LINEマンガ」の少女部門で月間1位を記録し、累計180万部を突破する星森ゆきも氏による大人気コミック「ういらぶ。―初々しい恋のおはなし―」(小学館刊)の映画化。同じマンションに住む幼なじみ男女4人の恋愛模様を描く。

幼なじみの優羽のことが大好きすぎて「好き」と言えない、ドSのフリをする“超こじらせ男子”の主人公・凛役を演じた平野紫耀は「凛はとてもドSでしたが、自分はドSではないので、女性に『ゴミ!』と言うのが心苦しいなあと思いながら、やらせていただきました」。男女が仲良しの幼なじみという設定には「憧れはありました。男子は男子同士で集まる、女子は女子同士で集まるのが普通。男女が集まるというのはないので」と話した。

一方、凛のせいで完全ネガティブ思考になってしまった、ピュアすぎる女子のヒロイン・優羽役の桜井は「優羽ちゃんは、私とは真逆のキャラクターです。あんなにホワホワしていないし、気も弱くないし、健気でもない。真逆なキャラクターだからこそ、演じ甲斐がありました。優羽ちゃんはコミュニケーションが苦手で、どもっちゃったりするのがかわいい。私が演じることでうざったく見えないように心配しました」。現場は和やかな雰囲気だったそうで、「平野くんを筆頭にみんながワイワイしている現場、常に笑いが起こっていた。自然と距離が近かったです」と話した。


画像2

[拡大画像]

イベントでは、劇中のそれぞれのキャラクターにちなみ、「一番○○な人は誰?」というお題にトークを展開するコーナーも。「一番こじらせている人」では平野は自分の名前を挙げると、「腰痛をこじらせているんですよ」と笑い。次の「一番天然系、ピュアな人」でも平野が1番になり、「なんで、俺ばっかり?」と苦笑。しかし、桜井は「平野くんが意図せず、現場が笑っちゃう現場はあったよね」と暴露すると、出演者も深く頷いていた。

「King&Prince」として、初の映画主題歌「High On Love!」も歌った平野が最後に締めの挨拶。「昨年10月くらいに撮影し、キャストのみなさま、スタッフのみなさま、監督のみなさんに支えられ……」というと、周囲からは“監督のみなさまって何だよ”という笑いが起こる場面も。そんな天然な部分も見せつつ、「みなさんに支えられ、素敵でキラキラした、キュンキュンした、笑った、青春の映画になっています。そして、僕らの主題歌も使っていただいた。今年は残りの3か月あるんで、平成の最後は僕たちで飾って欲しい」とアピールしていた。

ういらぶ。」は11月9日から公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi