レム「天の声」が原作のSFドラマ ハンガリーの鬼才「日本のアニメから影響を受けた」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年11月1日 > レム「天の声」が原作のSFドラマ ハンガリーの鬼才「日本のアニメから影響を受けた」
メニュー

レム「天の声」が原作のSFドラマ ハンガリーの鬼才「日本のアニメから影響を受けた」

2018年11月1日 18:00

パールフィ・ジョルジ監督(左)、脚本の ルットカイ・ジョーフィア、俳優の ポルガール・チャバ「ヒズ・マスターズ・ヴォイス」

パールフィ・ジョルジ監督(左)、脚本の
ルットカイ・ジョーフィア、俳優の
ポルガール・チャバ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第31回東京国際映画祭のコンペティション部門に出品されたハンガリー、カナダ合作「ヒズ・マスターズ・ヴォイス」が11月1日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで上映され、パールフィ・ジョルジ監督、俳優のポルガール・チャバ、脚本のルットカイ・ジョーフィアが会見した。

ハンガリーに暮らすペーテルの父親は、70年代に共産主義政権下のハンガリーから亡命し、以来、消息を絶っていた。幼少期に去った父の行方を調べるうちに、父がアメリカで起きた謎めいた事故に関与した疑いを見つけ、国家ぐるみの巨大な陰謀が見え隠れする。宇宙と家族を繋ぎ、人類の創生に踏み込むSFヒューマンドラマ。

パールフィ監督は、日本映画から多くのことを学んだといい「巨匠といわれる黒澤や小津からはもちろんですが、私は日本のアニメから一番影響を受けています。アニメの独特のストーリーテリングの手法に興味があります。普通のヒューマンドラマとは異なる切り口から得られる、一歩先の想像力を活かした映画製作を、自分でもやりたいと思っていた」と話す。

今作は、ポーランドSF作家スタニスワフ・レムの同名小説「His Master’s Voice」(邦題:天の声)を下敷きにしている。「レムの作品が好きで、何かを映画化したかった。映画監督として合理的に物事を考え、予算をかけずに映画化できるものを選びました。実験映画のように取り組みましたが、とても難しい挑戦でした」と振り返る。

そして、「原作はアメリカの秘密実験と、宇宙からの暗号を解読する科学者の話です。この世の中は人間だけではなく、宇宙の生命体も住んでいる。我々の生活から宇宙までをなんとかつなげ、ヒューマンタッチで描くために、息子が父を探すというオリジナルの要素を入れました」と映画独自の要素について説明した。

第31回東京国際映画祭は、11月3日まで開催。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報