福地桃子、初主演「あまのがわ」は試行錯誤の連続「たくさんのこと教えてもらった」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年10月30日 > 福地桃子、初主演「あまのがわ」は試行錯誤の連続「たくさんのこと教えてもらった」
メニュー

福地桃子、初主演「あまのがわ」は試行錯誤の連続「たくさんのこと教えてもらった」

2018年10月30日 19:00

舞台挨拶に立った福地桃子ら「あまのがわ」

舞台挨拶に立った福地桃子ら
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 哀川翔の次女で女優の福地桃子が主演した「あまのがわ」が10月30日、第31回東京国際映画祭の特別招待作品として上映され、福地をはじめ共演の吉満寛人住岡梨奈渡邉幸愛園田あいか生田智子、メガホンをとった古新舜監督が舞台挨拶に出席した。

神秘の島と称される鹿児島・屋久島が舞台。祖母から教わった太鼓の演奏を楽しむ女子高生・史織(福地)は、人工知能の研究者である母・聡美の厳しいしつけに耐えかね、心を閉ざし不登校になってしまう。祖母の入院をきっかけに屋久島へひとり旅立つことになり、道中で出会った人々や“分身ロボット”との交流を通じ新たな自分を発見していく。

映画初出演にして主演の大役を担った福地。心を失くした少女に扮し、撮影では試行錯誤の連続だったようだ。「普通の女子高生が感じる葛藤や、日常のコミュニケーショントラブルなど、些細な問題に焦点を当て、考えることがとても多かった」といい、「向き合うことができて、普段の自分では考えることができないことを、たくさん教えてもらいました」と充実感たっぷりに明かした。

さらに、今作に込めた思いを「日常の些細なこと、当たり前の生活を振り返る瞬間がどこかにあれば嬉しい、という思いが強かったです」と述べる。屋久島の美しい自然に思いを馳せ、キュートな笑顔を振りまきながら「ロボットなどいろんな分野が進化しているなかで、『自然と関わる』ということを大事に描いています」と真摯に語った。

これを受け、母親役の生田は「『自分は母親としてどうなのだろうか』と考えながら演じました」と振り返り、「桃ちゃんの初主演映画に携わることができて良かったですし、試写を拝見し、桃ちゃんの頑張りに感動しました。本当に母親の気持ちになっていました」と感無量の面持ち。脚本も手がけた古新監督は、「未来を支えていく子どもや学生を、大人がどれだけ認めてあげられるか。それが社会のプラスになる。今の日本に伝えたいという僕のアンサーが、この作品には込められている」と熱弁をふるっていた。

あまのがわ」は、2019年2月に公開予定。なお第31回東京国際映画祭は、11月3日まで開催される。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報