渡辺直美、米ポッチャリコメディエンヌのエアロバイクシーンを実演!

2018年10月17日 20:23

エイミー・シューマーが演じるヒロインの吹き替えを担当する渡辺直美
エイミー・シューマーが演じるヒロインの吹き替えを担当する渡辺直美

[映画.com ニュース]人気お笑い芸人の渡辺直美が10月17日、東京・新宿ピカデリーで行われた「アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング」の吹き替え版完成披露試写会に出席した。渡辺は本作でアメリカを代表するコメディエンヌ、エイミー・シューマーの吹き替えを担当している。

物語の主人公は、何事にも積極的になれないぽっちゃり女子・レネー(シューマー)。ある日、自分を変えようと通い始めたジムで頭を打ち、気絶してしまう。目が覚め、絶世の美女に変身したと思いこむレネーは、自信に満ち溢れ、仕事も恋も絶好調になる。

大歓声に迎えられた渡辺は、「最高に面白くて、元気もらえました! 見終わった後はやる気に満ちあふれますよね」と感想を語り、MCの「風を切って映画館を出るような気分になりますよね」という言葉にも大きく頷いていた。

「吹き替えで苦労した点は?」という質問には、「独特のセリフの言い回しが難しかったですね。トーンが変わる時の落差があるセリフとか、急に歌い出す場面とか」と説明し、「けっこう(吹き替えは)時間かかりました、スタジオに監禁みたいな状態でしたね。レネーのふざけている部分を自分なりに表現して、ブースからスタッフの笑い声が聞こえてくると『よっしゃ!』みたいな感じでした」と裏側を明かした。

この日はレネーがトレーニング中にバイクから転落して気絶する、本作のカギとなる場面を実演した渡辺。転倒した渡辺が身を起こすと、10月23日に31歳の誕生日を迎えるということで、バースデーケーキがサプライズで登場した。「え、嬉しい!」と歓喜の表情を浮かべ、今年の抱負を問われると「彼氏が欲しいです! 最近出会いがないので。そこまで面食いではないですけど、タイプは岡田将生くん、新田真剣佑さん、小栗旬さんかな」とあっけらかんと語り、会場は笑いに包まれた。

アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング」には、ほかミシェル・ウィリアムズナオミ・キャンベルらも出演。12月28日から東京・新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国で公開される。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース