小関裕太、憧れのJ・K・ローリング&「ファンタビ」キャストと対面に感激! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年9月29日 > 小関裕太、憧れのJ・K・ローリング&「ファンタビ」キャストと対面に感激!
メニュー

小関裕太、憧れのJ・K・ローリング&「ファンタビ」キャストと対面に感激!

2018年9月29日 12:00

キャサリン・ウォーターストン、 アリソン・スドルと記念撮影「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」

キャサリン・ウォーターストン、
アリソン・スドルと記念撮影
(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights
Reserved.Harry Potter and Fantastic
Beasts Publishing Rights (C)J.K.R.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] NHK連続テレビ小説「半分、青い。」などで注目された俳優の小関裕太が9月24日(現地時間)、米ニューヨークで開催された大ヒットファンタジーシリーズ最新作「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」のファンイベントに参加。原作者であるJ・K・ローリング氏やキャストと対面を果たし、「ワクワク感を越して、うれしさを越して、苦しくなるような経験を初めてしました」と感無量だった。

小関は「ハリー・ポッター」シリーズを幼稚園の年長から欠かさず見てきたといい、今回12カ国23人のみ参加できる特別企画に、日本のファン代表として参加。渡航前のファッションから作品をイメージし、ハリー・ポッターの杖と杖ホルダーをセットで持参した。

ファンイベントには「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」から、キャサリン・ウォーターストンダン・フォグラーアリソン・スドルエズラ・ミラーゾーイ・クラビッツカラム・ターナークラウディア・キムらが登場し、ファンたちと最新予告編を鑑賞。造形監督のピエール・ボハナによる魔法の杖についてのプレゼンテーションなども行われた。

イベント内でローリング氏と対面した小関は、「普通のファンのような感想になってしまいますが、5秒以上目が合った! みたいな(笑)」と感動の瞬間を振り返り、「日本の漆で作られたガラスを買っていったんですが、実際にお会いできたので、想いを込めた手紙とプレゼントを直接お渡しすることができました。読んでもらえていたらうれしいなというのと、こうして交流ができたのが夢のようでした。本当に一瞬でしたが最高だったな、と思います」と大感激。キャストたちとは会話もできたといい、「すごく優しい人が多かったです。徐々に周りに紹介してくれて輪の中に入れてくださった」と語り、笑顔で撮影した写真が披露された。

充実の時間を終えて「夢がかなった」と感激しきりで、「『ハリー・ポッター』『ファンタスティック・ビースト』の世界に近づけた気がしますし、次の夢につながると思います。ハリー役であるダニエル・ラドクリフにいつか会えるんじゃないかとか、おこがましくもJ・K・ローリングさんの作品にいつか出られるんじゃないか、といった夢と野望が生まれました」と決意を新たにしていた。

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」は11月23日から全国で公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報