水樹奈々、小学6年生を演じ「大丈夫かな?」と自虐 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年9月22日 > 水樹奈々、小学6年生を演じ「大丈夫かな?」と自虐
メニュー

水樹奈々、小学6年生を演じ「大丈夫かな?」と自虐

2018年9月22日 12:36

舞台挨拶では“露天風呂プリン”を 再現した巨大プリンが登場「若おかみは小学生!」

舞台挨拶では“露天風呂プリン”を
再現した巨大プリンが登場
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 累計発行部数300万部を誇る人気児童文学シリーズをアニメーション映画化した「若おかみは小学生!」の公開記念舞台挨拶が9月22日、都内で行われ、主人公を演じた小林星蘭をはじめ、水樹奈々松田颯水鈴木杏樹ホラン千秋、主題歌を歌う藤原さくら主題歌、原作者の令丈ヒロ子高坂希太郎監督が登壇した。

交通事故で両親を亡くし、祖母の経営する旅館「春の屋」に引き取られた小学6年生の少女おっこ(小林)が、旅館に古くから住み着いているユーレイ少年のウリ坊や、転校先の同級生でライバル旅館の跡取り娘・真月らと触れ合いながら、“若おかみ”として少しずつ成長していく。9月21日から全国248スクリーンで封切られた。

もともと原作の大ファンだったという小林は「オーディションに受かったと知ったときは、本当に本当にうれしくて、涙がポロっと出た」と回想。「小林さんが演じるおっこが支えになった」(鈴木)、「星蘭ちゃんの声がすばらしい」(ホラン)と共演者から絶賛されると、「そんなにほめていただけるなんて」と恐縮しきりだった。

一方、おっこと同じ小学6年生の真月を演じる水樹は「私が小学生役……。『大丈夫かな?』って(笑)。オーディションに行ったら、星蘭ちゃんがいるし」と自虐。主演の小林については「座長としてたくましく、グイグイ引っ張ってくれて、安心があった」と話し、「本当に同級生みたいだった」(小林)、「ありがとう!」(水樹)と劇中さながらのコンビネーションも披露していた。

この日は9月に誕生日を迎える小林、鈴木、ホランの3人を祝うため、映画にも登場する“露天風呂プリン”を再現した巨大プリンが登場。また、高坂監督から似顔絵入りの描きおろし色紙が3人にプレゼントされた。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi