ナッツ・シトイ「愛しのアイリーン」ヒロイン熱演で自信「役の気持ち反映できた」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年9月22日 > ナッツ・シトイ「愛しのアイリーン」ヒロイン熱演で自信「役の気持ち反映できた」
メニュー

ナッツ・シトイ「愛しのアイリーン」ヒロイン熱演で自信「役の気持ち反映できた」

2018年9月22日 16:52

吉田恵輔監督とナッツ・シトイ「愛しのアイリーン」

吉田恵輔監督とナッツ・シトイ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 映画「愛しのアイリーン」でヒロインのアイリーン役に抜てきされたフィリピン人女優ナッツ・シトイが来日し9月22日、TOHOシネマズシャンテでの上映後に吉田恵輔監督とともにティーチインを行った。

吉田監督がフィリピンでのオーディションで、10人ほどの候補者の中から4番目に入ってきたナッツを見て「アイリーンがいたと思って、0.2秒くらいで即決した。残りの人は消化試合のようだった」と一目ぼれ。ナッツは、外国の映画に出演するのは初めてだったが、「一度、女優を諦めかけたこともあったが、脚本にとても引き込まれ、役者としての新たなステップになると思った」と説明した。

その言葉通り、昨冬の撮影では初めて見る雪と“格闘”しながらの熱演。2メートル近い積雪の中で、義母役の木野花を背負って歩くシーンでは「最初は日本語のセリフを覚えるのに必死で大変だったけれど、撮影が進むにつれてアイリーンが自分の中に入ってきて、彼女の気持ちを反映させることができた」と満足げ。吉田監督も、「木野さんも凍死する可能性があったから、ミスしないでねと言ったら一発で決めた。すごいポテンシャルだった」と称えた。

夫の岩男役の安田顕に対しては、「アイリーンとして恋に落ちました。ミステリアスなキャラクターだけれど、人間らしい優しい感情に魅かれたと思う。撮影の時は常に岩男さんと思って見ていました」と強調。だが、吉田監督は「ウソだあ。サングラスをかけて音楽を聴いて、イエーッとかやってたじゃん。アイリーンっぽさはなかったよ」と暴露し、ナッツを慌てさせた。

それでも、「日本でお客さんと触れ合う経験ができてうれしい。皆さんのリアクションのひとつひとつが心に残りました」と感慨深げなナッツ。ティーチイン後もロビーでサインや写真撮影に応じるなど、観客との交流を楽しんでいた。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi