「BLOOD-C」実写映画第2弾の前編が10月13日公開 主題歌は黒崎真音 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年9月13日 > 「BLOOD-C」実写映画第2弾の前編が10月13日公開 主題歌は黒崎真音
メニュー

「BLOOD-C」実写映画第2弾の前編が10月13日公開 主題歌は黒崎真音

2018年9月13日 17:00

「BLOOD-C」シリーズの実写映画 「BLOOD-CLUB DOLLS1」「BLOOD-CLUB DOLLS 1」

「BLOOD-C」シリーズの実写映画
「BLOOD-CLUB DOLLS1」
(C)Production I.G / CLAMP・ST
/ BCD FILM PARTNERS
[拡大画像]

[映画.com ニュース] Production I.Gによるアニメ「BLOOD-C」の流れをくむ実写映画版第2弾の前編「BLOOD-CLUB DOLLS1」が、10月13日から新宿バルト9ほかで公開されることが発表され、同作にメインキャストとして出演する黒崎真音が、主題歌を担当することがわかった。黒崎が歌う主題歌「Hazy moon」は、さまざまな登場キャラクターたちの思惑が交錯する、予告編映像(https://youtu.be/d2KpCblLlBM)内で披露されている。

「BLOOD-C」は、高校に通いながら、人間を襲う“古きもの”と呼ばれる怪物と人知れず戦い続ける浮島神社の巫女・更衣小夜(きさらぎさや)の物語。2011年にテレビアニメが放送され、12年に続編となる劇場アニメ「BLOOD-C The Last Dark」が公開された。実写映画は17年に第1弾「阿修羅少女~BLOOD-C異聞~」が公開され、第2弾「BLOOD-CLUB DOLLS」は2部構成になることが明らかになっている。

メインスタッフは、15年に上演された舞台「BLOOD-C The LAST MIND」の演出を手がけた奥秀太郎が、前作「阿修羅少女~BLOOD-C異聞~」から引き続き監督として登板。アニメ版で原作監修や脚本を担当した藤咲淳一も、脚本として前作から続投することが決定している。殺陣・アクション指導は、劇団「30-DELUX」の清水順二が務める。

松村龍之介北園涼宮原華音らが演じるメインキャラクターたちが集結したキービジュアルも公開された。水無川を演じる清水と、由美を演じる桜井理衣のビジュアルも発表され、公式サイトには全22人分の個別ビジュアルが掲載されている。

全国の上映劇場では、特典付き全国共通前売り券が発売中。特典クリアファイルのデザインは、全15種類のキャストビジュアルから選べる。価格は各1500円(税込み)。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi