EXILE AKIRAのバイオリン演奏初披露! 「この道」予告&ポスター完成 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年9月12日 > EXILE AKIRAのバイオリン演奏初披露! 「この道」予告&ポスター完成
メニュー

EXILE AKIRAのバイオリン演奏初披露! 「この道」予告&ポスター完成

2018年9月12日 07:00

大森南朋の色男ぶりにも注目!「この道」

大森南朋の色男ぶりにも注目!
(C)2019映画「この道」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース]EXILE AKIRA大森南朋が初共演を果たす映画「この道」のポスタービジュアルと本予告編が、このほどお披露目された。数々の名曲を生み出した天才詩人・北原白秋役の大森の色男ぶりが際立ち、生真面目な音楽家・山田耕筰に扮したAKIRAがバイオリン演奏に挑む様子が初披露されている。

「日本人による『童謡』を作ろう」という思いのもと、大正7年7月に文学者・鈴木三重吉が刊行した児童雑誌「赤い鳥」。同誌は奇抜な詩で当時名を馳せていた詩人・北原白秋と、日本初の交響楽団を結成した音楽家・山田耕筰を創刊メンバーに迎え、日本人の琴線に触れる多くの童謡を発表した。童謡誕生100周年を記念して製作された映画は、でたらめな天才・白秋(大森)と勤勉な秀才・耕筰(AKIRA)という正反対の2人を主役に、誰もが知る童話が生まれた舞台裏を、ユーモアを交えて描いている。

本予告編は、名曲「あめふり」のフレーズを口ずさむ白秋が、女性に抱きつき、ひざまくらをされ、挙句の果てには首筋にキスをするという“色男”の一面を強調するシーンからスタート。「油断も隙もありゃしない!」と揶揄されながらも、「美しいものには触れたくなる」とあっけらかんと語る白秋は、やがて「あなたの詩に私の音楽をのせたいんです。音楽をのせることで、あなたの詩はもっと豊かになる」と楽曲制作を持ちかける耕筰と出会う。

関東大震災を経て「君の詩と僕の音楽で、傷付いた人々の心を癒す歌がきっとできるはずだ」と熱い思いを吐露する耕筰。AKIRAは役作りのため、撮影前にバイオリンの練習を重ね、本番でも実際に弾いてみせた。心に染み入るメロディを奏でようとするAKIRAの姿を、EXILE ATSUSHIが歌い上げる主題歌「この道」が彩っている。

この道」は佐々部清監督がメガホンをとり、ほか貫地谷しほり松本若菜柳沢慎吾羽田美智子松重豊らが共演。2019年1月11日から全国で公開される。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi