大人になった“僕”、親友プーさんにイライラ?堺雅人の演技収めた吹き替え映像 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年8月30日 > 大人になった“僕”、親友プーさんにイライラ?堺雅人の演技収めた吹き替え映像
メニュー

大人になった“僕”、親友プーさんにイライラ?堺雅人の演技収めた吹き替え映像

2018年8月30日 12:00

大人になった“僕”に、プーが届けたいものとは?「プーと大人になった僕」

大人になった“僕”に、プーが届けたいものとは?
(C)2018 Disney Enterprises, Inc.
[拡大画像]

[映画.com ニュース]  ディズニーの国民的人気キャラクター「くまのプーさん」を初めて実写映画化した「プーと大人になった僕」から、俳優・堺雅人が声優を務める主人公クリストファー・ロビンと、彼の大親友であるプーが、ロンドンから列車に乗り、100エーカーの森へ向かう吹き替え版本編シーンの一部が公開された。

大人になったクリストファー・ロビンは、仕事中心の生活を送っており、プーと向かい合って座る電車の中でも、書類を広げて忙しそうにしている。一方、そんなクリストファー・ロビンをよそに、プーは窓から外を眺めながら「家……、雲……、木……、茂み……」とつぶやきながら、“目に入ったものを言うゲーム”を始める。

仕事を邪魔されたと感じるクリストファー・ロビンが「見えたものをもっと静かに言って」とお願いすると、プーは声のボリュームを落とし「家……、草……、木……、池……、あれは何だかわからない」とひとり遊びを再開する。今も昔と変わらないプーは、成長する過程で、悲しい出来事を体験し、“大切な何か”を失ってしまったクリストファー・ロビンに、一緒に遊んだ少年時代を思い出させることはできるのか?

映画は結婚し、多忙な日々をおくる大人になったクリストファー・ロビンが、少年時代に「100歳になっても、きみのことは絶対に忘れない」と約束を交わしたプーと再会し、新たな冒険に出かける姿を描く。大人になったクリストファー・ロビンを演じるのは、9月に本作を引っさげ初来日するユアン・マクレガー。「ネバーランド」のマーク・フォースターがメガホンをとった。

プーと大人になった僕」は、9月14日から全国公開。

(映画.com速報)
ネバーランド[Blu-ray/ブルーレイ] ネバーランド[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥5,076 1903年のロンドンを舞台に、実在した作家ジェームズ・M・バリが名作「ピーター・パン」を書いた背景にあったエピソードを、マーク・フォースター監督が映画化。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報