仏女優ジュリー・ガイエ、カンヌ受賞作「顔たち、ところどころ」プロデューサー経験を語る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年6月23日 > 仏女優ジュリー・ガイエ、カンヌ受賞作「顔たち、ところどころ」プロデューサー経験を語る
メニュー

仏女優ジュリー・ガイエ、カンヌ受賞作「顔たち、ところどころ」プロデューサー経験を語る

2018年6月23日 19:15

ティーチインに臨んだジュリー・ガイエ「顔たち、ところどころ」

ティーチインに臨んだジュリー・ガイエ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 横浜市で開催中の「フランス映画祭2018」で6月22日、名匠アニエス・バルダと若手アーティストのJRが共同監督を務めた「顔たち、ところどころ」がイオンシネマみなとみらいで上映され、プロデューサーを務めた女優のジュリー・ガイエがティーチインを行った。

第70回カンヌ国際映画祭で最優秀ドキュメンタリー賞を受賞した本作は、女性監督の先駆者としてカンヌ国際映画祭やアカデミー賞の名誉賞も受賞している88歳のバルダと、参加型アートプロジェクト「Inside Out」で知られる34歳のアーティストのJRという親子ほども年の離れた2人がフランスの田舎をトラックで巡りながら、市井の人々と接し、作品をともに作り、残していくいく旅の様子を記録したロードムービースタイルのドキュメンタリー。

ガイエにとってのバルダ監督の存在について「映画界の母であり、おばあちゃん。私にとってもフランス映画界にとっても『5時から7時までのクレオ』はフェミニストとしてはじめての女性監督としての主張というものが強く出ている作品です。女性がテーマとなっているだけではなく、女性の目から見た世界を描いています。ずっとフェミニズムの主張を続けています」といい、「『顔たち、ところどころ』は家族や旅を題材にした、夢あふれる、ファンタジックな映画で、とても面白く、感動的な作品です。他にぜひ見ていただきたいのは『落穂拾い』です。これは政治的な意味合いがあり、ある場所を次の人たちに残すという意味合いのある作品、今作もまた、次の世代への伝達をテーマにしていて、アニエスはJRともそういう関係性を築いています」と紹介した。

今作の製作資金集めには、クラウドファンディングを利用した。「(映画製作では)シナリオを見た段階ではどんな作品になるかわからない不安要素がありますが、バルダのように素晴らしい映画を作る巨匠に資金が集まらないことには私も驚きました。」と明かし、その理由が女性監督であるからかとの問いには「女性映画監督にはやはりガラスの天井があると感じています。小さな予算は付きますが、大規模な予算の作品を作るのは難しいです。アメリカでは女性監督が全体の約10パーセントで、彼女たちは100~200万ドルのレベルの作品を作り、それよりも大規模な作品を手がけられるのはわずか3パーセントくらいだと思います。フランスの女性監督は約27パーセントですが、それでも男性より報酬は4割低いという状況です」と答えた。

プロデューサーとして、「映画が監督のものになるように」心がけたというガイエ。「私が関心を持っているのは、監督の目を通して、皆さんに違う世界の見せ方をしたい」と述べ、「(監督)と信頼関係を築くことによって、交流できるようになります。それは作家と編集者のような関係です。プロデューサーの仕事は資金集めだけではないのです」と説明した。

顔たち、ところどころ」は、9月15日から全国で公開。

(映画.com速報)
5時から7時までのクレオ[Blu-ray/ブルーレイ] 5時から7時までのクレオ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,592 ヌーベルバーグを代表する女性監督アニエス・バルダ初期の傑作。ガンの診断結果を待つ若い女性歌手クレオの5時から7時までをリアルタイムで切り取った。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 来るの評論 来る ホラー小説が強烈エンタメに“変身”。人間の業と闇を描き続ける中島映画の到達点
  • メアリーの総ての評論 メアリーの総て 文学映画というより青春映画。傷つき抑圧された少女が怪物の物語を生み出す
  • マチルダ 禁断の恋の評論 マチルダ 禁断の恋 帝政の理不尽に戦いを挑むマチルダは、まるでチュチュを纏ったファムファタール!
映画評論の一覧を見る
Jobnavi