綾野剛、主演「パンク侍」は“脳内破壊映画” 宣伝不可能の物語に「正直、困ってます」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年6月11日 > 綾野剛、主演「パンク侍」は“脳内破壊映画” 宣伝不可能の物語に「正直、困ってます」
メニュー

綾野剛、主演「パンク侍」は“脳内破壊映画” 宣伝不可能の物語に「正直、困ってます」

2018年6月11日 20:56

宣伝不可能の物語「パンク侍、斬られて候」

宣伝不可能の物語
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 芥川賞作家・町田康氏の異色時代小説を映画化した「パンク侍、斬られて候」の完成披露舞台挨拶が6月11日、東京・ディファ有明で行われ、主演の綾野剛をはじめ共演の北川景子東出昌大染谷将太浅野忠信若葉竜也近藤公園國村隼豊川悦司、脚本の宮藤官九郎、メガホンをとった石井岳龍監督が出席した。

「くっすん大黒」「きれぎれ」などで知られる町田氏が2004年に発表した同名小説を素に、“超人的剣客”を自称する掛十之進(綾野)が、自ら招いた大惨事に七転八倒するさまを描く。綾野は「皆様が無事に帰れるか不安。これから、脳内破壊映画を見ていただきます」と観客の期待をあおり、今作を“宣伝不可能”と形容したうえで「今日、取材やテレビでの番宣をさせていただいたにもかかわらず……。宣伝不可能な映画で、正直、困ってます」と苦笑を浮かべた。

それでも、豪華キャストが集った理由を「町田康さんの原作を、宮藤官九郎さんが脚本、石井岳龍さんが監督すると言うだけで十分。間違いなく劇薬になることはわかっていました」とニヤリ。続けて「今回メインキャストは12人。一人ひとりのパンク精神をそのまま作品に持ち込んだ」と明かし、北川は「猿を抱くシーンで、こんなにかわいいんだって思った。パンクな映画ですが、猿のブロックは癒やされました。女性には響くと思います」と女性目線でアピールしていた。

さらに「一番パンクだと思う人は?」という質問には、多くの登壇陣が「石井監督」と回答。東出は「見た目はスマートでダンディーな方ですが、作品を見れば『あ、あっち側の人なんだな』と思う」といい、染谷も「とても腰が低いお人ですが、誰よりもやばいんです。丁寧なまま本当にやばいことを言うんです」と話す。綾野は「初日に『剛くん、今回は宇宙と戦ってほしい』と真顔で言われた」と暴露し、石井監督は「いや、あの~。とにかく面白い映画にすることを真剣にやっているだけなので。それがやばいとか、どうとかっていうのは自分ではわからない」と煙に巻いていた。

一方で綾野は、浅野の“ぶっ飛びぶり”に言及。「浅野さん、本番で僕のこと『ああ! 剛くん!』と言いましたよね? 最高に笑いました。横で染谷くんが、冷静にセリフしゃべっているし」(綾野)、「セリフがない役なのに、セリフ以外のことをべらべらしゃべっている」(宮藤)と吹き出すと、当の浅野は「監督に若いころに鍛えさせてもらったので、宇宙と戦うことは自分なりに理解していた。役が来た時に、『監督、これは行けってことですね?』と思い、電話で監督に『セリフなくしてください!』とお話しました。大変でしたよ、僕はこの通りまともな人間ですから」と冗談めかして一同を笑わせた。そして、その怪演に称賛の声が多数寄せられた豊川は、「撮影2日目でぎっくり腰をやっちゃいまして。綾野くんが60分くらいマッサージしてくれました」と告白し場内を驚かせていた。

パンク侍、斬られて候」は、6月30日から全国で公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi