パレスチナの壁に描いたアートに住民激怒、だがその価値は数千万円!?「バンクシーを盗んだ男」場面写真 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年6月5日 > パレスチナの壁に描いたアートに住民激怒、だがその価値は数千万円!?「バンクシーを盗んだ男」場面写真
メニュー

パレスチナの壁に描いたアートに住民激怒、だがその価値は数千万円!?「バンクシーを盗んだ男」場面写真

2018年6月5日 14:00

世界を熱狂「バンクシーを盗んだ男」

世界を熱狂
(C) MARCO PROSERPIO 2017
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 正体不明のグラフィティアーティスト・バンクシーと、その作品がもたらす影響力に迫るドキュメンタリー「バンクシーを盗んだ男」の場面写真9点が、一挙公開された。

イタリア人監督マルコ・プロゼルピオが、世界から熱視線を浴びる覆面アーティストであるバンクシーの人物像のみならず、数千万円~1億円という超高額で取引される作品にまつわるドラマに迫る。音楽界のカリスマ、イギー・ポップがナレーションを務める。

本作の舞台は、紛争地区に指定されているパレスチナ・ヨルダン西岸地区にあるベツレヘム。そこにはパレスチナとイスラエルを分断する高さ8メートル、全長450キロメートルを超える巨大な壁が存在し、そのパレスチナ側の壁の一部にバンクシーは「ロバと兵士」を描く。この絵がパレスチナで反感を呼び、怒った地元住民が壁面を切り取ってオークションへかけてしまう。巨大なコンクリートの壁画はベツレヘムから海を渡り、美術収集家たちが待つオークションハウスへ送られる。

場面写真では、絵がまさに切り取られる瞬間をとらえたものや、鉄格子にはめられ運び出しやすくされた「ロバと兵士」の姿、バンクシーの描いたネズミの壁画や代表作「フラワーボンバー」が確認できる。さらに、バンクシー自身が開業し、存在自体が作品になっている「世界一眺めの悪いホテル(THE WALLED OFF HOTEL)も写し出されている。

「世界一眺めの悪いホテル」は、ベツレヘム市を囲む分離壁からわずか4メートルと離れていない場所に位置し、劇中では支配人を務めるウィサム・サルサーによって「客室から見える風景で分離壁への理解が深まり、パレスチナ人の暮らしがわかることでしょう」と説明がなされている。

バンクシーを盗んだ男」は、8月4日から全国で順次公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ(広告案件)
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi