「パパはわるものチャンピオン」棚橋弘至が家族のために闘う本予告編がアツい!! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年5月23日 > 「パパはわるものチャンピオン」棚橋弘至が家族のために闘う本予告編がアツい!!
メニュー

「パパはわるものチャンピオン」棚橋弘至が家族のために闘う本予告編がアツい!!

2018年5月23日 06:00

主題歌は高橋優が書き下ろし!「パパはわるものチャンピオン」

主題歌は高橋優が書き下ろし!
(C)2018「パパはわるものチャンピオン」
製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気プロレスラーの棚橋弘至の映画初主演作「パパはわるものチャンピオン」の公開日が9月21日に決定。あわせて、歌手の高橋優が主題歌「ありがとう」を書き下ろしたことが発表され、同曲を使用した本予告編と、大きな決断をした男の生き様を感じさせるポスタービジュアルがお披露目された。

板橋雅弘吉田尚令による人気絵本「パパのしごとはわるものです」「パパはわるものチャンピオン」の実写映画化で、新日本プロレスのエース棚橋が主演を務める。棚橋が演じるのは、悪役レスラー“ゴキブリマスク”。息子に認めてもらうため、自身のプライドと家族への愛のためにリングに上がる男を、10年近く長かった髪をばっさり切って演じあげた。

予告編では、かねてエースレスラーとしてスポットライトを浴び、いまは悪役レスラーとしてブーイングを浴びせられている主人公・大村孝志(棚橋)が、レスラーとして、父親として、夫して、男としてアツき闘いを繰り広げる。父親の職業を知り「悪者のパパなんて大嫌いだ」と反発してしまう息子の祥太(寺田心くん)、孝志を応援し支え続ける妻の・沙織(木村佳乃)との絆とともに、返り咲きの大チャンスに挑む孝志の闘志が描き出された。

主題歌を手がけた高橋は、「いつも近くにいさせてもらえるからこその心の安らぎと、すれ違い。愛するがゆえの葛藤。いいことばっかりじゃないけどやっぱり大切な人。そんな二人三脚のような人間関係の歌を作りたいと思いました」と曲に込めた思い明かす。主演の棚橋は「『ありがとう』は『有り難い』が語源で、なかなかないことなんですね。当たり前は当たり前じゃないと。優しく、かつ、力強いメロディラインに心が震えました。『ありがとう』で生きていこうと、この曲を聴き終えて、あらためて思いました。最高」とコメントを寄せた。

メガホンをとったのは、テレビドラマやミュージックビデオなどで活躍している藤村享平監督。棚橋、木村、心くんのほか、仲里依紗大泉洋大谷亮平寺脇康文らが共演、オカダ・カズチカ田口隆祐真壁刀義ら新日本プロレスの人気レスラーたちも出演する。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • search サーチの評論 search サーチ ついに成功作が現れた、PCモニター上だけで展開する緊迫スリラー!!
  • ガンジスに還るの評論 ガンジスに還る インド流〈人生の終い方〉を確かな映画術で感性豊かな家族物語に昇華させた20代監督
  • ライ麦畑で出会ったらの評論 ライ麦畑で出会ったら 伝説のサリンジャーを探し出した高校生の、ほろ苦くも優しい青春グラフィティ
映画評論の一覧を見る
Jobnavi