メル・ギブソン監督、新作映画でまたも沖縄戦を題材に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年5月18日 > メル・ギブソン監督、新作映画でまたも沖縄戦を題材に
メニュー

メル・ギブソン監督、新作映画でまたも沖縄戦を題材に

2018年5月18日 22:00

新作は神風特攻隊22機からの空襲を受けた 米駆逐艦ラフェイの乗組員たちを主人公「ハクソー・リッジ」

新作は神風特攻隊22機からの空襲を受けた
米駆逐艦ラフェイの乗組員たちを主人公
(C)Cosmos Filmed Entertainment Pty Ltd 2016
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ハクソー・リッジ」で米衛生兵の視点から沖縄戦を描いたメル・ギブソン監督が、再び沖縄戦を題材にした新作映画「デストロイヤー(原題)」を準備していると、ハリウッド・レポーター紙が報じた。

「デストロイヤー(原題)」は、沖縄戦で神風特攻隊22機からの空襲を受けた米駆逐艦ラフェイの乗組員たちを主人公にした物語で、ノンフィクション本「Hell from the Heavens: The Epic Story of the USS Laffey and World War II’s Greatest Kamikaze Attack」(John Wukovits著)を下敷きにしている。

テレビドラマ「Matador」の脚本家で、ギブソンの長年のガールフレンドであるロザリンド・ロスが脚色を担当。ギブソンは、マーク・ウォルバーグ主演の最新作「The Six Billion Dollar Man(原題)」に役者として出演オファーを受けているため、同作の撮影を終えた後に本作に着手する模様だ。

ちなみに、「The Six Billion Dollar Man(原題)」は、1970年代の人気ドラマ「600万ドルの男(サイボーグ危機一髪)」の映画化で、改造人間となる主人公をマーク・ウォルバーグが演じる。ギブソンの役どころは明らかになっていない。

(映画.com速報)
ハクソー・リッジ Blu-ray スタンダードエディション[Blu-ray/ブルーレイ] ハクソー・リッジ Blu-ray スタンダードエディション[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,963 メル・ギブソンが「アポカリプト」以来10年ぶりにメガホンをとり、第2次世界大戦の沖縄戦で75人の命を救った米軍衛生兵デズモンド・ドスの実話を映画化した戦争ドラマ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi