「デイヴィッド・コパフィールド」映画化にティルダ・スウィントンら実力派 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年5月16日 > 「デイヴィッド・コパフィールド」映画化にティルダ・スウィントンら実力派
メニュー

「デイヴィッド・コパフィールド」映画化にティルダ・スウィントンら実力派

2018年5月16日 22:00

チャールズ・ディケンズの半自伝的小説を映画化「LION ライオン 25年目のただいま」

チャールズ・ディケンズの半自伝的小説を映画化
Photo by Theo Wargo/Getty Images、
写真:Shutterstock/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 文豪チャールズ・ディケンズの半自伝的小説「デイヴィッド・コパフィールド」を映画化する新作に、ティルダ・スウィントンヒュー・ローリーベン・ウィショーが出演することがわかった。米ハリウッド・レポーターなどが報じた。

本作は、「LION ライオン 25年目のただいま」でアカデミー賞助演男優賞にノミネートされたデブ・パテルが主演。1850年に出版された原作は、不遇な幼少時代を過ごしていた主人公デイヴィッド・コパフィールドが、自らの文才に目覚め、さまざまな人たちと出会いながら、作家として大成していく様子が綴られている。映画は舞台を現代に置き換え、デイヴィッド役をパテルが演じる。

ドラマ「Veep/ヴィープ」のクリエイターで、2009年の映画「イン・ザ・ループ」でアカデミー賞脚色賞にノミネートされたアーマンド・イヌアッチが監督を務める。脚本は、イヌアッチと「Veep」のサイモン・ブラックウェルが共同執筆する。

新作「The Personal History of David Copperfield(原題)」は、イギリスで6月にクランクイン。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ザ・プレデターの評論 ザ・プレデター 男臭くて血しぶき飛び散る1980年代テイストを甦らせた“狂い咲き”の快作
  • かごの中の瞳の評論 かごの中の瞳 人間関係の“深い闇”が描き込まれた、欲張りでチャレンジングな1作
  • 運命は踊るの評論 運命は踊る 判りやすく迎合するばかりの安易な映画を退ける監督の覚悟に圧倒される
映画評論の一覧を見る
Jobnavi