ディケンズの自伝的小説「デイヴィッド・コパフィールド」映画化にデブ・パテル主演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年2月16日 > ディケンズの自伝的小説「デイヴィッド・コパフィールド」映画化にデブ・パテル主演
メニュー

ディケンズの自伝的小説「デイヴィッド・コパフィールド」映画化にデブ・パテル主演

2018年2月16日 12:00

デブ・パテル「LION ライオン 25年目のただいま」

デブ・パテル
Photo by Chris Jackson/Getty Images for IWC
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「LION ライオン 25年目のただいま」でアカデミー賞助演男優賞にノミネートされたデブ・パテルが、文豪チャールズ・ディケンズの半自伝的小説「デイヴィッド・コパフィールド」を映画化する新作に主演することが明らかになった。

1850年に出版された原作は、不遇な幼少時代を過ごしていた主人公デイヴィッド・コパフィールドが、自らの文才に目覚め、さまざまな人たちと出会いながら、作家として大成していく様子が綴られている。映画は舞台を現代に置き換え、デイヴィッド役をパテルが演じる。

米Deadlineによれば、ドラマ「Veep/ヴィープ」のクリエイターで、2009年の映画「イン・ザ・ループ」でアカデミー賞脚色賞にノミネートされたアーマンド・イヌアッチが監督を務める。脚本は、イヌアッチと「Veep」のサイモン・ブラックウェルが共同執筆する。

(映画.com速報)
LION/ライオン ~25年目のただいま~[Blu-ray/ブルーレイ] LION/ライオン ~25年目のただいま~[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,891 インドで迷子になった5歳の少年が、25年後にGoogle Earthで故郷を探し出したという実話を、「スラムドッグ$ミリオネア」のデブ・パテル、「キャロル」のルーニー・マーラ、ニコール・キッドマンら豪華キャスト共演で映画化したヒューマンドラマ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 犬ヶ島の評論 犬ヶ島 ウェスの色彩センスが日本でいっそう花開いた “犬ヶ島”の背景が鮮烈!
  • ファントム・スレッドの評論 ファントム・スレッド 一糸乱れぬ映画術で観客を夢見心地に誘う、媚薬のような作品
  • 男と女、モントーク岬での評論 男と女、モントーク岬で 老境を迎えた巨匠が描く恋愛は驚くほどみずみずしく、老練で深い洞察が垣間見える
映画評論の一覧を見る
Jobnavi