ナオミ・ワッツと「IT」のソフィア・リリスが母娘役で共演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年5月2日 > ナオミ・ワッツと「IT」のソフィア・リリスが母娘役で共演
メニュー

ナオミ・ワッツと「IT」のソフィア・リリスが母娘役で共演

2018年5月2日 11:00

ナオミ・ワッツとソフィア・リリス「IT イット “それ”が見えたら、終わり。」

ナオミ・ワッツとソフィア・リリス
写真:Best Image/アフロ、
Photo by John Lamparski/WireImage
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ナオミ・ワッツと、大ヒットホラー「IT イット “それ”が見えたら、終わり。」でヒロインを演じたソフィア・リリスが、クレア・マッカーシー監督の新作「Burning Season(原題)」に母娘役で出演することがわかった。ワッツは、マッカーシー監督作「オフィーリア(原題)」(デイジー・リドリー主演)に出演しており、新作は出演のほか、製作総指揮も手がける。

米ハリウッド・レポーターによれば、新作はローラ・バン・デン・バーグの短編小説「What the World Will Look Like When All the Water Leaves Us(原題)」を映画化するもの。ワッツは霊長類学者のジューン役、リリスはその娘セリア役を演じる。優秀な学者だが、母親としては完璧とはいえないジューンは、絶滅の危機にある生物を調査するため、セリアを連れてマダガスカルを訪れ、そこで母娘は地元のハンサムな研究者キアディと出会う、というストーリーのようだ。

「American Honey(原題)」のプロデューサー、ジェニー・ハルパーが脚本を執筆し、2016年のブラックリスト(映画化されていない優秀脚本リスト)に選出された。ハルパーは、プロデュースも手がける。

「IT」でブレイクした現在16歳のリリスは、「ゴーン・ガール」の作家ギリアン・フリンのデビュー小説「KIZU 傷」(原題:Sharp Objects)をHBOがドラマ化するミニシリーズでエイミー・アダムスと共演しており、同作は今夏放送スタートが予定されている。
*checkit http://eiga.com/person/306043/ 【人物情報】ソフィア・リリス

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ザ・プレデターの評論 ザ・プレデター 男臭くて血しぶき飛び散る1980年代テイストを甦らせた“狂い咲き”の快作
  • かごの中の瞳の評論 かごの中の瞳 人間関係の“深い闇”が描き込まれた、欲張りでチャレンジングな1作
  • 運命は踊るの評論 運命は踊る 判りやすく迎合するばかりの安易な映画を退ける監督の覚悟に圧倒される
映画評論の一覧を見る
Jobnavi