エレン・ペイジ、アーミステッド・モーピンのLGBT小説のドラマ化に出演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年4月27日 > エレン・ペイジ、アーミステッド・モーピンのLGBT小説のドラマ化に出演
メニュー

エレン・ペイジ、アーミステッド・モーピンのLGBT小説のドラマ化に出演

2018年4月27日 11:00

エレン・ペイジ

エレン・ペイジ
Photo by Rich Polk/Getty Images for IMDb
[拡大画像]

[映画.com ニュース] Netflixが、ローラ・リニーオリンピア・デュカキスが主演した米PBS・Showtimeのミニシリーズ「Tales of the City(原題)」の続編を制作することがわかった。続編は、リニー、デュカキスが続投するほか、エレン・ペイジが新キャストとして参加。人気ドラマ「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」のローレン・モレリが、脚本・ショーランナーを務める。

ドラマ「Tales of the City」は、作家アーミステッド・モーピンのLGBT小説「メリー・アン・シングルトンの物語」シリーズが原作。小説は、1970年代のサンフランシスコで働くメリー・アン・シングルトンの成長を描いた物語で、これまでに全9巻が出版されている。93年に第1巻「バーバリー・レーン28番地」、98年に第2巻「ロシアン・ヒルの子供たち」、2001年に第3巻「ゴールデンゲート・パーク」がドラマ化され、ピーボディ賞を受賞、エミー賞にもノミネートされた。

米ハリウッド・レポーターによれば、Netflixで制作される新シリーズは10話構成で、現代のサンフランシスコが舞台。中年の危機まっただ中のメリー・アン(リニー)がコネチカットからサンフランシスコに戻り、20年前に捨てた元夫ブライアンと娘シャナ(ペイジ)と再会し、かつて住んでいたバーバリー・レーン28番地の下宿の家主マドリガル夫人(デュカキス)や、個性的な住人たちと再び交流が始まる。

前シリーズ3作を手がけたアラン・ポール、原作者のモーピン、主演のリニーが制作総指揮を務め、今年後半に撮影に入る。新シリーズは、19年配信スタートの予定。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ(広告案件)
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi