ソン・ガンホ&リュ・ジュンヨルの“英語対決”!「タクシー運転手」特別映像入手 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年4月7日 > ソン・ガンホ&リュ・ジュンヨルの“英語対決”!「タクシー運転手」特別映像入手
メニュー

ソン・ガンホ&リュ・ジュンヨルの“英語対決”!「タクシー運転手」特別映像入手

2018年4月7日 10:00

自己流の英語でコミュニケーション!「タクシー運転手 約束は海を越えて」

自己流の英語でコミュニケーション!
(C)2017 SHOWBOX AND THE LAMP.
ALL RIGHTS RESERVED.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ソン・ガンホが主演を務め、1980年に韓国で起こった民主化運動「光州事件」を題材にした「タクシー運転手 約束は海を越えて」の特別映像と新場面写真を、映画.comが先行入手した。

光州事件は1980年5月18日、軍事独裁政権の復活を警戒した市民らが光州市内で10日間にわたり民主化を訴える大規模なデモなどを行い、空挺部隊が市民への発砲や暴行を行った事件。「5.18記念財団」に認定された死者は154人、行方不明者は70人、負傷者は1628人に上る。当時は報道規制が敷かれていたため、事件の真相は長く明らかにならなかったが、実情を世界に伝えるためドイツ人記者の故ユルゲン・ヒンツペーター氏が、タクシー運転手の故キム・サボク氏と光州に乗り込んだ。

劇中のシーンにコミカルなアレンジを加えて編集した特別映像は、ソン扮するタクシー運転手マンソプと、若手俳優リュ・ジュンヨルが演じる大学生ジェシクによる「イングリッシュ対決」を活写。マンソプが話すのは、出稼ぎ先のサウジアラビアで学んだ自己流の“生きた英語”。英語と韓国語とミックスさせ、相手の言葉もニュアンスでくみとっているようだ。一方、ジェシクは洋楽を聴いて覚えた“教科書どおりの英語”をドヤ顔で喋っている。真逆なスタイルの英語を披露する2人の姿が、笑いを誘う仕上がりだ。

新場面写真は、マンソプ、ドイツ人記者ピーター(トーマス・クレッチマン)、ジェシクが、ひょんなハプニングから1晩過ごすことになった光州のタクシー運転手ファン(ユ・ヘジン)の自宅での光景をとらえている。温かい雰囲気に囲まれて食事を楽しんでいるピーターや、妻に対して「客をもてなすのに、たったこれだけか!?」と食事の品数の少なさに怒るファン、大学の歌謡祭への出演を目指すジェシクが熱唱する姿をとらえている。

タクシー運転手 約束は海を越えて」は、4月21日から東京・シネマート新宿ほか全国公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 犬ヶ島の評論 犬ヶ島 ウェスの色彩センスが日本でいっそう花開いた “犬ヶ島”の背景が鮮烈!
  • ファントム・スレッドの評論 ファントム・スレッド 一糸乱れぬ映画術で観客を夢見心地に誘う、媚薬のような作品
  • 男と女、モントーク岬での評論 男と女、モントーク岬で 老境を迎えた巨匠が描く恋愛は驚くほどみずみずしく、老練で深い洞察が垣間見える
映画評論の一覧を見る
Jobnavi