種崎敦美&東山奈央、山田尚子監督&京アニへ最大級の賛辞 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年4月5日 > 種崎敦美&東山奈央、山田尚子監督&京アニへ最大級の賛辞
メニュー

種崎敦美&東山奈央、山田尚子監督&京アニへ最大級の賛辞

2018年4月5日 04:00

舞台挨拶に登壇「リズと青い鳥」

舞台挨拶に登壇
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 京都アニメーションが制作するアニメ映画「リズと青い鳥」の完成披露試写会が4月4日、東京・丸の内ピカデリーで開催され、声優キャストの種崎敦美東山奈央本田望結山田尚子監督が出席した。

山田監督と京都アニメーションによるテレビアニメ「響け!ユーフォニアム」の完全新作劇場版。吹奏楽に青春をかける高校生たちを描いた武田綾乃氏の小説「響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章」を原作に、テレビアニメ第2期に登場した、鎧塚みぞれと傘木希美が織り成す物語を描く。

山田監督は、初上映を前に「緊張して気持ち悪くなってきた」と不安を吐露。一方の声優陣は、作品に対する思いがあふれ「何から話したらいいのか!」と興奮気味。希美役の東山が、「静かななかに充実したものがたくさん詰まっている。いつまでもこの空気にひたっていたい、そんな静ひつな時間が流れています」と熱く訴えると、みぞれ役の種崎も「キャラクターの指先、つま先、髪の毛1本1本から瞳の動きまで、全てが繊細。私たちのお芝居の前に、絵がお芝居をしてくれていた。これを表現できるってすごい」と熱弁をふるう。2人の思いを受けた山田監督は、僅かに目元をうるませながら「みんな喜びます。京アニのスタッフたち、見てるかな?」「嬉しいな! ありがとうございます」と笑顔をこぼした。

また本田は、劇中に登場する童話「リズと青い鳥」を象徴するキャラクター「リズ」と「青い鳥」の声を担当した。1人2役への挑戦について、「嬉しかったけど、不安もありました」と述懐。アフレコでは、山田監督から「望結ちゃん、そのまんまの感じ。違いがないくらい。自然な感じで」という助言があったことを明かし、「完成したものを見て、監督のおっしゃっていたことは間違いじゃなかったとわかりました」と感謝を口にする。山田監督が、「シーンが終わる度に『良かったよ!』『めっちゃよかった!』ばかり言っていたので、監督としての威厳がなかったと思い、帰りの電車で反省していたのですが……大丈夫だった?」と照れながら問いかけると、本田は「いえ、すごいです!」と即答していた。

高校3年生の少女2人の姿を瑞々しく描いている本作。「これから、どんな青春をおくってみたいか」と聞かれた本田は、「青春って、どういう感じのものですか?」と首をかしげながらも、なんとか「フィギュアスケートをしているのですが、それと一緒に生きている感じがします」と答えを絞り出す。山田監督は、そんな本田を「あなたが、今、青春です」「『青春ってなんだろう』と思いますよね。その最中の本人は気付かないもの。良い青春をありがとうございます」とまぶしそうに見つめていた。

リズと青い鳥」は4月21日から公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi