「娼年」原作者・石田衣良「カップルで見た後、ラブホに行って!」とアピール : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年4月3日 > 「娼年」原作者・石田衣良「カップルで見た後、ラブホに行って!」とアピール
メニュー

「娼年」原作者・石田衣良「カップルで見た後、ラブホに行って!」とアピール

2018年4月3日 12:00

司会を務めたのは、著述家の湯山玲子氏「娼年」

司会を務めたのは、著述家の湯山玲子氏
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 松坂桃李の主演作「娼年」の原作者・石田衣良氏と舞台版・映画版を手がけた三浦大輔監督が、4月2日に都内で行われたトークイベントに出席した。

無気力な毎日を送っていた大学生・森中領(松坂)が、会員制ボーイズクラブのオーナー、御堂静香(真飛聖)に見いだされ、“娼夫リョウ”として女性たちの欲望と向き合っていくさまを描く。

石田氏は、原作小説を世に放った17年前を振り返り「小説でも、セックスシーンは一切腰を引いていない。とにかく書くのが楽しかったなあ。子どものころからの妄想が、初めて役に立ちました」とジョーク交じりに語りつつ、「今の日本は、あまりにも貧しすぎませんか。20年前の日本には、“セックスレス”なんて言葉はなかった。性が貧しくなって、みんながとげとげしい顔で電車に乗る時代になってしまった。こんな時代に、しっとりする恋愛映画を見てほしい」と熱を込める。「三浦さんは、女性に対してファンタジーを持っていない。そこがすごく良かった」と三浦監督の手腕を称賛し、絵コンテやビデオコンテを事前に用意し、綿密に計算されたなかで撮影されたセックスシーンを、「ボリショイ・バレエみたいに細かい振り付けを入れている」と評した。

話は主演の松坂にも及び、「ジャニーズ系の子だと、濁りがあるじゃないですか。松坂くんのように、元々無色透明な人じゃないと、どんどん汚れていってしまうんですよね」(石田氏)、「舞台版を行う前は、松坂くんにそういう(R18作品の)イメージがなかった分、若干の不安はあったんです。でも舞台を経て、今では彼しか考えられない。撮影では、女性陣が松坂くんについていけば感情がのるようになっていた。すごかったですよ」(三浦監督)と、共に松坂の表現力・存在感を褒めちぎった。

原作小説には、続編となる「逝年」があり、三浦監督が「(映画版も)もしかしたら続編があるかもしれない」と発言すると、客席からは悲鳴が上がった。観客の反応に笑顔を浮かべた三浦監督は、「この映画は、幅広い方に見ていただかないと意味がない。普段映画館に行かない方も来てくれたら、日本映画が面白いことになる」と力強く語った。

対する石田氏は、「カップルで映画館に来て、見た後に飲みながら、『本当はこんなことしたかった』と本作をネタに話し合って、その後にラブホに行ってほしい」と“理想の見方”を指南し、場内を笑いに包んでいた。

娼年」は、4月6日から全国公開。R18+(18歳未満入場不可)指定。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi