猪塚健太、冨手麻妙ら「娼年」キャスト、共感性を強調「女性の味方になる映画」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年3月27日 > 猪塚健太、冨手麻妙ら「娼年」キャスト、共感性を強調「女性の味方になる映画」
メニュー

猪塚健太、冨手麻妙ら「娼年」キャスト、共感性を強調「女性の味方になる映画」

2018年3月27日 16:00

(左から)桜井ユキ、冨手麻妙、大谷麻衣、猪塚健太「娼年」

(左から)桜井ユキ、冨手麻妙、大谷麻衣、猪塚健太
[拡大画像]

[映画.com ニュース]第126回直木賞候補となった石田衣良氏の小説を、松坂桃李主演、三浦大輔監督で映画化した「娼年」の女性限定トークイベントが、3月26日に東京・渋谷のユーロライブで開催された。冨手麻妙猪塚健太桜井ユキ大谷麻衣といった出演者が参加し、赤裸々トークを繰り広げた。

無気力な毎日を送っていた大学生・森中領(松坂)が、会員制ボーイズクラブのオーナー、御堂静香(真飛)に見いだされ、“娼夫リョウ”として女性たちの欲望と向き合っていくさまを描く。冨手はキーキャラクターの咲良、猪塚は売れっ子娼夫の東、桜井は領の同級生の恵、大谷はリョウの初めての客・ヒロミを演じている。

冨手・桜井・大谷はオーディションで役をつかみ、「ギラギラしていた」と声をそろえる。中でも大谷は、「ヒロミなら役に立てるんじゃないかと思ったんですが、台本は4役分来たので、全員分覚えたんです。オーディションでは2役分演じましたが、出会いから最後まで全部やりました」と明かし、場内からはどよめきが上がった。

冨手は、「見終わった後に、(共演者たちと)『このシーンが好き』とものすごく盛り上がったんです。衝撃的なシーンがあると言われていますが、見たらさっぱりした気持ちになれる。男性は、『女性にこうしなきゃ』という教科書を読んだような気持ちになるんじゃないか」とアピール。大谷も同調し、「(カップルで見ると)要望を伝えやすくなるかもしれないですね。『あの時のリョウくんのように……』みたいに」と提案すると、女性客たちは大きくうなずいた。桜井は、「役者さんそれぞれの空気感や視線、息遣いに、1人ひとりのキャラクターが抱えているものが見えてすごく染み入った。満たされる感覚が多かったですね」と本作の“包容力”についてしみじみと語った。

舞台版に続いて東を演じた猪塚は、女性たちに向けて「私たちの映画だと自信をもって見に行っていただきたい。勇気をもらって、(自分の気持ちを)解放したくなるはず。女性の味方になる作品だと思います」と力を込める。「原作の『娼年』は、女性の欲望を解決してくれる作品。読み終わった後の心が温かく、ほっとする感覚が映画にもある。(映画版には)女性の表情や、柔らかく包み込んでくれるリョウの雰囲気が出ていましたね。舞台も良かったけど、映画版でようやく『娼年』が完成したと思います」(猪塚)と胸を張った。

娼年」は、4月6日から全国公開。R18+(18歳未満入場不可)指定。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi