松坂桃李“童貞”から“娼夫”に1.5日でどうやって変身した?驚異の役作りを明かす : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年3月2日 > 松坂桃李“童貞”から“娼夫”に1.5日でどうやって変身した?驚異の役作りを明かす
メニュー

松坂桃李“童貞”から“娼夫”に1.5日でどうやって変身した?驚異の役作りを明かす

2018年3月2日 05:00

準備期間がないなか、能動的に役作りを行った「娼年」

準備期間がないなか、能動的に役作りを行った
(C)石田衣良/集英社 2017映画
『娼年』製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第126回直木賞候補となった石田衣良氏の小説を、松坂桃李主演、三浦大輔監督で2016年の舞台に続き映画化した「娼年」で、松坂の驚異の役作りが明らかになった。

無気力な毎日を送っていた大学生・森中領(松坂)は、女性専用コールクラブのオーナー、御堂静香(真飛聖)に見いだされ、“娼夫リョウ”として働くことに。領は、仕事を重ねるなかで、女性1人ひとりの中に隠されている欲望の本質に気づき、自らの心も解放させていく。

彼女がその名を知らない鳥たち」や「不能犯」、「孤狼の血」(5月12日公開)など、各作品から引っ張りだこの松坂だが、近年更なるファンを獲得したのが、童貞の小学校教師をコミカルに演じたテレビドラマ「ゆとりですがなにか」だ。本作のリョウとは真逆のキャラクターといえるが、2017年の春に撮影された「ゆとりですがなにか」のスペシャルドラマ「ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編」のクランクアップ後に本作の撮影が控えており、松坂はわずか1.5日で“童貞”から“娼夫”ヘと変身を遂げたという。

松坂は、「舞台版をやっていたので、リョウはすでに自分の中にあったのが大きかったです。流れも把握していましたし。だからこれだけ濃い作品に1.5日でクランクインできたのだと思います。『娼年』の映画化の話を聞いた時から頭の片隅にずっとあり、モチベーション、スタンスの準備はしていました」とこともなげに振り返る。


画像2

[拡大画像]

とはいえ、「ゆとりですがなにか」の山路一豊役も、1度見たら忘れられない強烈なキャラクター。“動”から“静”のキャラクターへと生まれ変わるに当たり、「今回は、その1.5日の間に渋谷に移り住んだんです。環境を変えました」と自ら能動的に切り替えをはかったという。「撮影期間中(約3週間)はずっと渋谷のビジネスホテルに住んでいました。この作品は、その日の撮影での熱量を次の日も冷まさない状態に保ちたかったのですが、家に帰ると好きなマンガやゲームがあってリフレッシュしてしまうので、半ば強制的に自分を追い込むためです。撮影場所も渋谷が多かったですし」と役をまとうための準備を明かした。

松坂は同時に、「自宅から通ったら、現場に行っていなかったかもしれません。撮影があまりに過酷で……。この作品を身近なところに置く。それが重要でした」とも振り返る。これまでにも数多くの個性的なキャラクターを演じてきた“カメレオン俳優”だが、自ら「ここまで精神的に追い込まれた現場は初めてかもしれません」と語るほど撮影は壮絶だったようだ。

松坂の覚悟が乗り移った場面写真も、新たに2枚公開。上半身裸でどこかはかなげな表情を見せる領の姿が切り取られている。

娼年」は、冨手麻妙猪塚健太桜井ユキ小柳友馬渕英里何荻野友里佐々木心音大谷麻衣階戸瑠李西岡徳馬江波杏子らが脇を固める。4月6日から全国公開。R18+(18歳未満入場不可)指定。

(映画.com速報)
彼女がその名を知らない鳥たち 特別版[Blu-ray/ブルーレイ] 彼女がその名を知らない鳥たち 特別版[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥5,354 沼田まほかるの人気ミステリー小説を蒼井優、阿部サダヲ主演、「凶悪」「日本で一番悪い奴ら」の白石和彌監督で映画化。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ(広告案件)
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi