ソニー・ピクチャーズ、破格の安値だったマーベル全キャラ映画化権を断っていた! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年3月16日 > ソニー・ピクチャーズ、破格の安値だったマーベル全キャラ映画化権を断っていた!
メニュー

ソニー・ピクチャーズ、破格の安値だったマーベル全キャラ映画化権を断っていた!

2018年3月16日 13:30

たった2500万ドルでオファーされていた「アイアンマン」

たった2500万ドルでオファーされていた
(C)2018MARVEL
[拡大画像]

[映画.com ニュース]米ウォルト・ディズニー傘下のマーベル・スタジオがヒットを連発するなか、ソニー・ピクチャーズがマーベルの人気キャラクターすべての映画化権を取得できる可能性があったことがわかった。

ディズニーは2009年に40億ドルでマーベル・エンタテインメントを買収しているが、かつてソニー・ピクチャーズはマーベルキャラクターの権利をたった2500万ドルでオファーされていたという。ウォール・ストリート・ジャーナル紙のベン・フリッツ記者の新刊「ザ・ビッグ・ピクチャー(原題)」によれば、90年代後半、ソニー・ピクチャーズは「スパイダーマン」の映画化権を取得すべく、マーベルと交渉をスタート。当時のマーベルは倒産からマーベル・エンタテインメントとして再稼働を始めたばかりで資金難にあったため、スパイダーマンだけでなくアイアンマン、ソー、アントマン、ブラックパンサーなど、ほぼすべてのマーベルキャラクターの映画化権をパッケージ価格2500万ドルで販売したいと提案したという。

しかし当時、交渉役を務めていたソニーの元重役ヤイアー・ランドー氏が上司に報告すると、「他のマーベルキャラクターなんてどうでもいい。さっさと戻って、スパイダーマンの契約だけを取りつけてこい」と命じられたという。ちなみに、ランドー氏によれば、自社スタジオを立ち上げたマーベルが「アイアンマン」を最初の映画化作品に選んだのは、キャラクターグッズを最も販売できると読んだからだという。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi