知念侑李×中川大志×小松菜奈、ずっと大切にしたい“一生もの”を告白 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年3月10日 > 知念侑李×中川大志×小松菜奈、ずっと大切にしたい“一生もの”を告白
メニュー

知念侑李×中川大志×小松菜奈、ずっと大切にしたい“一生もの”を告白

2018年3月10日 13:35

舞台挨拶を盛り上げた 知念侑李×中川大志×小松菜奈「坂道のアポロン」

舞台挨拶を盛り上げた
知念侑李×中川大志×小松菜奈
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「Hey! Say! JUMP」の知念侑李が映画単独初主演を飾った「坂道のアポロン」が3月10日、全国289スクリーンで封切り。知念のほか、共演の中川大志小松菜奈ディーン・フジオカ中村梅雀真野恵里菜松村北斗(ジャニーズJr.)、メガホンをとった三木孝浩監督は、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズでの舞台挨拶に立った。

原作は、2009年度「このマンガがすごい!オンナ編」第1位、第57回小学館漫画賞に輝いた小玉ユキ氏の同名漫画。長崎・佐世保で暮らすことになった内気な高校1年生・西見薫(知念)が、札付きの不良と恐れられるクラスメイト・川渕千太郎(中川)や心優しい迎律子(小松)と出会い、切ない恋、胸を打つ友情を経験していくさまを、ジャズを交えながら瑞々しく描いた。

本作のテーマに絡めて「それぞれが考える“一生もの”とは?」という質問が投げかけられると、三木監督は創作活動の指針となっているという矢沢永吉の言葉「楽しめ」と答え、松村はテレビ初出演を果たした際に着用した「服」、真野は幼少期から撮りためている「写真」、中村は自身を支えてくれる「家族」と回答。一方、フジオカは劇中で演じた桂木淳一が使用していた「トランペット」と切り返し「撮影が終わった後、一生の思い出ということでいただいたんです。元々学生の頃、ジャズバンドでギターを担当していたんですよ。いつもトランぺッターを見て『格好いいな』と思っていた。(本作に参加したことで)ずっと置いてけぼりにしていた目標、夢を体験させてもらえた」と語っていた。

小松が一生大切にしたいのは、撮影前に三木監督からもらった「手紙」とのこと。「自分のために手紙を書いてくれているのがすごく嬉しくて。グッとくる内容だったんです。(読むたびに)背中をポンと押してくれる感じです」と話し、かつてタッグを組んだ「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」でも同様に手紙を受け取っていたことを明かした。中川は「役者業との出合い」と口火を切ると、10歳の頃に原宿の竹下通りでスカウトされた出来事を述懐し「あの日、あの時間にいなかったら声をかけられることもなかったでしょうし、この場所で皆さんと一緒に並んでいることもなかったはず。あれがなかったら僕の人生は全く違うものになっていたのかなと思います」としみじみ。そして「映画というものも“一生もの”だと思います。ずっと残っていくものに携われるのはすごいこと」と思いの丈を述べていた。

トリを任された知念は迷うことなく「映画『坂道のアポロン』」。「不安とプレッシャーのなかで挑んだ作品でしたが、皆さんが本当に温かくて。監督の作品に対する愛、僕たちへの愛が強かった。愛にあふれた作品なんです。ピアノの練習を含めると、関わった時間は約1年半、ここまで長い期間をかけて仕事をしたことも初めてでした。僕のなかでずっと忘れることのできない“一生もの”の映画になりました」と充実の表情を浮かべた。さらに、締めの挨拶では「ひとりでも多くの方の心に残ることを願っています。この作品が誰かの“一生もの”になってくれたらなと思っています」と客席に言葉を投げかけていた。

(映画.com速報)
ぼくは明日、昨日のきみとデートする Blu-ray豪華版[Blu-ray/ブルーレイ] ぼくは明日、昨日のきみとデートする Blu-ray豪華版[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,635 七月隆文の同名ベストセラー小説を、「ストロボ・エッジ」の福士蒼汰&「バクマン。」の小松菜奈共演で実写映画化したファンタジックラブストーリー。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi