井口昇監督、ノーメイクスと挑んだ悲願の作品は連続鑑賞で「脳裏に刻んで!」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年3月3日 > 井口昇監督、ノーメイクスと挑んだ悲願の作品は連続鑑賞で「脳裏に刻んで!」
メニュー

井口昇監督、ノーメイクスと挑んだ悲願の作品は連続鑑賞で「脳裏に刻んで!」

2018年3月3日 16:45

舞台挨拶を盛り上げた井口昇監督ら「ゴーストスクワッド」

舞台挨拶を盛り上げた井口昇監督ら
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「片腕マシンガール」などで知られる鬼才・井口昇監督の最新作「ゴーストスクワッド」が3月3日、東京・アップリンク渋谷で封切られ、井口監督をはじめ、主演の異色アイドルグループ「ノーメイクス」の柳杏奈洪潤梨神門実里上埜すみれ、共演のなべやかん阿部亮平が舞台挨拶に出席した。

井口監督が「変態団」「キネマ純情」に続く自主製作映画第3弾として完成させたダークファンタジー。井口監督自らオーディションを行い、メンバーを選出したアイドルグループ「ノーメイクス」を主演に据え、拉致監禁やストーカー殺人など昭和に起きた残虐な事件を基に、被害者の視点を通じた“少女たちへの鎮魂歌”としての物語を紡いだ。

父親のDVを受ける気弱な女性リカを演じた柳は、「幽霊復しゅう部隊」のなかでは唯一の人間役だ。「なべさんと戦うシーンがあるんですけど、皆で殴る場面、他のメンバーが幽霊役なのでひとりで殴らないといけない場面があって、その撮影がすごく大変でした」と述懐すると、幽霊ケイコ役の上埜はなべの股間を殴打しまくるシーンについて「やっていて一番楽しかったです!」とあっけらかんと告白。「でも、怖くて聞けなかったんですけど、本当に痛かったんじゃないですか?」と尋ねると、なべは「ああいうことをされて喜ぶ人の気持ちがわかりました(笑)」と切り返し、場内の笑いを誘った。

犬と一体化するという難しい芝居を求められたアカリ役の神門は「(一体化する犬と)私の顔が似ていて、本当に犬になった気分でやっていました。アフレコで犬の声をやったんですけど、酸欠気味に…めちゃくちゃ大変でした」と役作りの苦労を明かした。洪が演じた関西弁の幽霊ヨシエは、井口監督いわく「『仁義なき戦い』で千葉真一さんが演じた大友」をイメージ。結婚した恋人のもとを訪れたものの、触れることができないというヨシエの葛藤を体現した洪は「あんなに人に恋したことがないんです。あれだけ人を想うって経験は、今後の人生でできるかわからない。役としてやらせてもらって幸せでした」と思いの丈を述べていた。

「『凶悪事件の被害者を弔う映画をやりたい』と4年くらい考えていました。こういう形で実現できて本当に嬉しく思います」と胸中を吐露した井口監督。思い入れの深い作品のためか「もしよろしければ口コミをお願いします」と観客に訴えかけ、「今日、この後2回上映を行います。この作品、連続して見るのも面白いらしいですよ」と提案。「連続して見ることで『ゴーストスクワッド』を脳裏に刻むのもいいかもしれない。今日はひな祭りですし!」と強引な筋立てでアピールしていた。

(映画.com速報)
片腕マシンガール(スマイルBEST)[DVD] 片腕マシンガール(スマイルBEST)[DVD] 最安価格: ¥2,325 製作はアメリカ、スタッフ・キャストは全て日本人という異色のB級スプラッター・アクション。「猫目小僧」などの鬼才・井口昇が監督・脚本を手がけ、映画初出演のグラビアアイドル・八代みなせがヒロインに抜擢。
変態団/自傷戦士ダメージャー[DVD] 変態団/自傷戦士ダメージャー[DVD] 最安価格: ¥2,634 異常な“嗜好”に突き動かされる男女の相関を容赦なく描く「変態団」と自分を傷つける事でしか変身出来ないヒーロー“ダメージャー”の活躍を描く「自傷戦士ダメージャー」を収録。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi