小川紗良、若手育成に積極的な「さぬき映画祭」に感謝の念 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年2月12日 > 小川紗良、若手育成に積極的な「さぬき映画祭」に感謝の念
メニュー

小川紗良、若手育成に積極的な「さぬき映画祭」に感謝の念

2018年2月12日 18:57

舞台挨拶に立った小川紗良「リバーズ・エッジ」

舞台挨拶に立った小川紗良
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優で監督の小川紗良が2月12日、「さぬき映画祭2018」が開催されている高松市の情報通信交流館e-とぴあ・かがわで上映された監督第3作「最期の星」の舞台挨拶に立った。

同映画祭の若手短編プログラムで「腰抜け」「冬が燃えたら」とともに上映された今作は、早稲田大学映像制作実習2017で小川監督が撮り上げたもの。女優として行定勲監督作「リバーズ・エッジ」など注目作に出演する小川監督だが、今回はメガホンに専念。同大学で教鞭をとる是枝裕和監督の門下生でもある。

本編では、注目の新進女優・小川未祐が主人公の琴子を演じている。高校1年生の琴子の真後ろは瀬戸幸さんの席だが、闘病中のためいつも空席。クラスメイトはまだ誰も会ったことがないが、みんなは彼女を「さっちゃん」と呼んでいる。ある日、とっさについた嘘をきっかけに、琴子の前にだけさっちゃんが現れる。

司会から「男性的な視点」を指摘された小川監督は、「ひとりの特定の女の子のことをずっと考えちゃうことがありますし、恋心とは違うけれど似たようなところはあるのかな。私自身、割と男っぽいと言われるので、それが出ちゃったのかもしれませんね」と分析。今作では監督業に専念しているが、「出来る限り役者が集中できる環境を作ろうと意識しますね」と俳優の気持ちが理解できるからこそのこだわりを明かした。

また、同映画祭と本広克行ディレクターへの感謝をにじませる。2度目の参加となるが、「さぬき映画祭は若手の育成に力を入れていて、きちんと機会をくださいます。本当に感謝しています」と気持ちを打ち明けていた。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi