阿部寛、8年続いた「新参者」完結に感無量 相棒・溝端淳平の熱い涙にガッチリ抱擁 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年1月27日 > 阿部寛、8年続いた「新参者」完結に感無量 相棒・溝端淳平の熱い涙にガッチリ抱擁
メニュー

阿部寛、8年続いた「新参者」完結に感無量 相棒・溝端淳平の熱い涙にガッチリ抱擁

2018年1月27日 13:46

涙ながらに感謝を伝える溝端淳平と 抱擁を交わす阿部寛「祈りの幕が下りる時」

涙ながらに感謝を伝える溝端淳平と
抱擁を交わす阿部寛
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 東野圭吾氏による人気ミステリー小説「新参者」シリーズの映画化第2弾で、完結編となる「祈りの幕が下りる時」が1月27日、全国335スクリーンで公開初日を迎え、主演の阿部寛をはじめ共演の松嶋菜々子溝端淳平田中麗奈、主題歌を務めたJUJU、メガホンをとった福澤克雄監督が東京・TOHOシネマズスカラ座での舞台挨拶に出席した。

刑事・加賀恭一郎(阿部)が女性演出家・浅居博美(松嶋)と出会ったことをきっかけに、シリーズ史上最大の事件に挑む姿を描く。2010年の連続ドラマから足掛け8年、「新参者」に身を投じてきた阿部は「自分のなかでもしっかり完結できた作品になった」と胸を張り、「8年やらせていただいたのは、皆さんが愛してくださったおかげ。まっすぐな芝居はあまりやったことがなかった自分の軸になって、いろんな役への成長になった。松嶋さんたちも参加してくれて、最後にふさわしい作品になったと思いますので、感無量です」と感謝しきり。そして「これで最後。非常に寂しい思いがありますが、あとは東野さんが書くかどうかですね」と、続編への期待を込めた。

物語のキーパーソンに扮した松嶋も、「大変ファンだった作品。完結に少しでも力添えができればと頑張りました」と振り返り、「私も寂しいです。いち視聴者としても、東野先生に続編を書いてもらいたい」と同調。ドラマ版から参加してきた溝端は「阿部さんの隣でずっとお芝居ができる貴重な経験。こんな複雑な気持ちの初日は初めて。寂しいです」と惜別の胸中を吐露し、同じく田中も「(出演は)毎回本当に緊張して、心臓の音が聞こえるくらい。もっともっとご一緒したい欲があるまま、終わってしまいます。寂しいです」と明かした。

さらにこの日は、阿部をねぎらうサプライズ演出として、相棒ともいえる松宮脩平役の溝端が熱いメッセージを送った。「右も左も分からない僕を大きな器で包み込んでくれて、感謝しています。阿部さんが楽屋で休まれているのに、お芝居のことを聞きたくて戸を叩いて。本当に迷惑なことですが、阿部さんはしっかり僕の疑問に答えてくださった。8年もあると、僕の節目や悩みがあって、その度に短い言葉で導いてくれました」「そばで阿部さんを感じられなくなるのはとても寂しいですが、これからも指針としてずっと背中を追いかけていきたいです。またご一緒する時があれば、胸を貸してください」と涙ながらに語り、阿部とガッチリ抱擁を交わした。

続けて女性陣から花束を渡され、両手いっぱいに抱えた阿部は「これで引退します!」とジョークを飛ばし場内を沸かせる。「まさか、こういう展開が待っているとは」と声を震わせたが、「溝端くんが面と向かって言ってくれて、『こいつまた嘘ついているな』と思ったけど、目が本当に涙を浮かべている。感情で言ってくれているのがわかったけど、『でもまだ嘘ついているかな』と思って後ろ見たら、田中さんが涙している。ここは、そういうこと言っちゃいけないなと思った(笑)」と照れ隠し。それでも「(今作)最初の20分、溝端くんは加賀が出てくるまで力強く引っ張り、しっかりレール敷いてくれた。頼もしいと思った」と、感極まった様子で揺るがぬ信頼の気持ちを口にしていた。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 犬ヶ島の評論 犬ヶ島 ウェスの色彩センスが日本でいっそう花開いた “犬ヶ島”の背景が鮮烈!
  • ファントム・スレッドの評論 ファントム・スレッド 一糸乱れぬ映画術で観客を夢見心地に誘う、媚薬のような作品
  • 男と女、モントーク岬での評論 男と女、モントーク岬で 老境を迎えた巨匠が描く恋愛は驚くほどみずみずしく、老練で深い洞察が垣間見える
映画評論の一覧を見る
Jobnavi