古川雄輝「きてます!」Mr.マリック直伝“愛のハンドパワー”披露 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年1月26日 > 古川雄輝「きてます!」Mr.マリック直伝“愛のハンドパワー”披露
メニュー

古川雄輝「きてます!」Mr.マリック直伝“愛のハンドパワー”披露

2018年1月26日 17:15

きてます!「風の色」

きてます!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「猟奇的な彼女」「僕の彼女はサイボーグ」のクァク・ジェヨン監督によるラブストーリー「風の色」が1月26日、全国91館で公開された。主演の古川雄輝をはじめ、共演の藤井武美、マジック監修を務めたMr.マリックが東京・TOHOシネマズ日本橋での舞台挨拶に立った。

映画は、北海道・知床と東京を舞台に、同じ容姿の男女2組による時空を超えた愛を描く。東京に暮らしていた涼(古川)が、姿を消した恋人ゆり(藤井)を探して北海道へ向かったところ、自分とそっくりの天才マジシャン隆(古川・2役)、ゆりとうり二つの女性・亜矢(藤井・2役)と出会い、不思議な出来事に巻き込まれていく。

この日は、Mr.マリックのリードで、3人でマジックを生披露することに。使用するのは、赤い紐とコップ、そしてハサミ。古川が紐を半分にカットし、真っ二つになった紐を固く結びコップに入れる。Mr.マリックが「『もとに戻れ、もとに戻れ』と、お2人の愛のパワーを上から注ぎ込んでください」と促すと、古川と藤井は恥ずかしそうに手をかざす。Mr.マリックが「きてます?」と問いかけると、古川は思わず「きてます!」。最後は「3、2、1」の掛け声でコップから紐を取り出すと、紐は見事に元通り。客席から拍手が上がると、3人は“ハンドパワーポーズ”を決め、古川と藤井は「愛のパワーですね(笑)」とアピールしていた。

またトークコーナーでは、古川が「撮影していたのが3年前なので、やっと見ていただける」と公開の喜びを噛み締める。「3年経っているので僕も30歳になりました」とはにかみながら、「今まで撮影してきた作品のなかでも、断トツで過酷な現場だった。本物の氷水に入ったり。流氷脱出マジックで水のなかに入ったり。過酷だった分、主演でやらせていただいたこともあり、今になって『風の色』の現場を思い出すことがある。思い入れのある作品を見ていただけるので、嬉しく思っています」と呼びかけた。

さらに日韓合作映画であることについても触れ、「今まで見たことがない雰囲気があるラブストーリーになっていると思うので、皆さんがどう思うか楽しみにしています」「海外の映画を見ているような気持ちになれると思います」と期待を寄せた。

一方、約1万人のオーディションからヒロインの座を射止めた藤井も「監督の作品が大好きだったので、勝ち取るしかないという気持ちで無我夢中でオーディションやっていた」と述懐し、「今それをたくさんの方の前で話せて、とっても嬉しいです」と感無量の面持ち。「今日も朝、監督から連絡をいただいて『がんばってきてね』と。監督の分も『風の色』の素晴らしさを伝えられたらと思ってきました」と明かしていた。

猟奇的な彼女[Blu-ray/ブルーレイ] 猟奇的な彼女[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,283 2001年に日本で公開された「猟奇的な彼女」がBlu-ray化。ごく普通の大学生のキョヌが、電車で出会った過激な行動をとる“彼女”に振り回される様を描いたハートフルなラブ・コメディ。
僕の彼女はサイボーグ[Blu-ray/ブルーレイ] 僕の彼女はサイボーグ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,032 綾瀬はるか、小出恵介共演で贈るファンタジック・ラブストーリー。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • 存在のない子供たちの評論 存在のない子供たち 「存在のない」少年の告発のまなざしは、すべての大人に向けられている
  • マーウェンの評論 マーウェン 現実と虚構をVFXで融合させる名手、R・ゼメキスが出会った箱庭の心象風景
  • アルキメデスの大戦の評論 アルキメデスの大戦 戦艦大和沈没のフェティッシュな描写が、作品の全体像をも脅かす
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報