Netflix「ブライト」ウィル・スミス、ジョエル・エドガートン、ノオミ・ラパスが六本木に降臨 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年12月20日 > Netflix「ブライト」ウィル・スミス、ジョエル・エドガートン、ノオミ・ラパスが六本木に降臨
メニュー

Netflix「ブライト」ウィル・スミス、ジョエル・エドガートン、ノオミ・ラパスが六本木に降臨

2017年12月20日 16:00

寒さの中集ったファンを気遣った「ブライト」

寒さの中集ったファンを気遣った
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米俳優ウィル・スミスが12月19日、東京・六本木ヒルズアリーナで開催されたNetflixオリジナル映画「ブライト」のジャパンプレミアに、共演者のジョエル・エドガートンノオミ・ラパスデビッド・エアー監督と共に出席。この冬一番の寒さを吹き飛ばそうと、終始「ウォー!」「フゥー!」と雄叫びを上げて、プレミアを盛り上げていた。

人間をはじめ、多種多様な種族が共存している架空の米ロサンゼルスを舞台にしたアクション大作。人間のウォード(スミス)と怪物オークのジャコビー(エドガートン)の警察官コンビが、謎の少女と魔法のつえに出会ったことで、地球の運命を左右する重大事件に巻き込まれていく。ラパスは、ウォードとジャコビーを追い詰める謎のエルフに扮している。

スミスは「とてもユニークなバディ映画。この世界はエルフが最上位で、オークは底辺なんだ。人間はその中間。最初はウォードも、相棒に対して偏見を持っているんだけど、協力し合うなかで、奇妙な友情を育んでいくんだ」と独自の世界観をアピール。持ち前のサービス精神はこの日も健在で、「早くこの寒さから、ファンのみんなを解放してあげたい」と言いながら、サインや写真撮影に応じていた。

一方、約3時間の特殊メイクでオークになりきったエドガートンは、背後の巨大ボードを指さしながら「これが僕だよ」とおどけてみせ、「メイクも大変だけど、ウィル(・スミス)を相手にするのが大変(笑)」と雄叫びを続けるスミスに苦笑い。ラパスは「アクションは大好き。エルフらしい滑らかな動きを意識した」と回想した。プレミア中には、寒さに震えるラパスを気遣い、エドガートンが自分のジャケットを着せてあげる場面もあった。

スミスとは「スーサイド・スクワッド」でもタッグを組んでいるエアー監督は、「魔法やクリーチャーが存在する不思議な世界が舞台なんだ。アクションやユーモアも盛り込んでいるし、Netflixとしては過去最大規模の作品。メガホンをとることができて、とても光栄だよ」と話していた。

Netflixオリジナル映画「ブライト」は、12月22日に全世界同時配信。

(映画.com速報)
スーサイド・スクワッド[Blu-ray/ブルーレイ] スーサイド・スクワッド[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥954 悪の力が暴発する、クレイジーでポップな爽快アクションエンターテインメント作品。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi