【日本最速レビュー】“黄金のバトン”と化した「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年12月13日 > 【日本最速レビュー】“黄金のバトン”と化した「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」
メニュー

【日本最速レビュー】“黄金のバトン”と化した「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」

2017年12月13日 02:00

ワールドプレミアでは絶賛の嵐!「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」

ワールドプレミアでは絶賛の嵐!
(C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ライアン・ジョンソン監督がメガホンをとった全世界待望のシリーズ最新作「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」が世に解き放たれる瞬間まで残りわずかだ。12月9日(現地時間) に米ロサンゼルスで行われたワールドプレミアの熱狂を間近で目撃した筆者は、帰国後いち早く日本語字幕付きバージョンを鑑賞。そこで改めて確信した。J・J・エイブラムス監督から引き継がれた物語が、ミドルムービーとしての機能を果たしているだけでなく、磨き上げられた“黄金のバトン”へと転じていることを――。

スター・ウォーズ フォースの覚醒」のラスト、新ヒロインのレイが旧3部作の主人公ルーク・スカイウォーカーへライトセーバーを受け渡そうとする光景の直後から物語はスタートする。新3部作の主要テーマ“継承”を象徴する場面だが、ジョンソン監督が本作でさらに加えた要素は“修行”だ。フォースの目覚めに戸惑うレイ、父ハン・ソロを手にかけたことで善と悪の境界で揺れ動くカイロ・レンの目指すべき方向を定めるだけでなく、それはルークにすら適用される。生涯修行の身であること――それはフォースとともに生きる者の宿命だ。

フィンを演じたジョン・ボヤーガは「D23 EXPO」の場で「全てが逆の方向に動き始める。前作でみんなが思ったことの逆へ」と本作を紐解くヒントを投げかけていた。この「逆の方向」というキーワードは全編に踏襲されている。そもそも我々はルークをあまりにも神格化しすぎているのかもしれない。その固定観念をジョンソン監督は見事に打ち崩し、さらに「ジェダイVSダークサイド」という二極化の構図すらも飛躍する。“衝撃”というワードが先行してファンの期待値は高まっていたが、これだけは断言できる。“衝撃”はワンポイントではない。ワールドプレミアに参加していたファンの反応からも伺えるように、その瞬間は幾度も訪れ、スタンディングオベーションを禁じ得ないカタルシスへと導かれていく。

ストーリー面だけなく、ジョンソン監督の才気はビジュアル面にもいかんなく発揮された。多種多様な武器を用いて攻撃を仕掛けるエリート・プレトリアン・ガードが登場する屋内での剣劇は、キャスト陣の流麗な動き、目まぐるしく転じる攻防の状況も相まって、まるで群舞を見ているかのよう。宇宙空間を舞台にしたバトルでは、「スター・ウォーズ」らしい射出音や爆発の合間に、突如差し込まれる“無音”に近い演出が、各所で見受けられる自己犠牲のアクションを、絵画のような美しさへと昇華させている。また、赤い鉱物をベースとし、塩に覆われた惑星クレイトで巻き上がる粉塵ひとつをとっても、ジョンソン監督が背景にも並々ならぬ執着を示したことが如実にわかるだろう。

レイ、カイロ・レン、ルークらの脇を固めるサブキャラクターの活躍にも心躍る。BB‐8は前作以上の万能さを見せつけ、その愛らしさに匹敵する新キャラクター・ポーグは、まさかのブラックユーモアの一翼を担うという存在感。レジスタンスの整備士ローズ(ケリー・マリー・トラン)、ミステリアスなDJ(ベニチオ・デル・トロ)、レイアの盟友・ホルド(ローラ・ダーン)も銀河の命運をかけた戦いで重要な役割を果たすのだが、筆者が特に注目したのは、ドーナル・グリーソン演じるハックス将軍だ。その小物感によって前作でも観客を和ませてくれた彼だが、本作ではそのイメージが増長。中間管理職の悲哀を一層にじませて、スクリーンに登場するだけで笑いが巻き起こるというコメディリリーフと化しており、悪役ながらも憎めない愛されキャラというポジションを確立させているのだ。

ワールドプレミアを観客とともに楽しみ、その好意的な反応を直接肌で感じていたジョンソン監督。ある種、本作は「スター・ウォーズ フォースの覚醒」以上に、独立したひとつの作品として成立してしまっている。エピソード9を手がけるエイブラムス監督は自ら“継承”したバトンが、思わぬ輝きを放って戻ってくることを予期していたのだろうか。キャラクターの心理を深堀りしたことで、お膳立ては充分に整った。エピソード9に黄金以上の輝きを放たなければいけないというプレッシャーをかけた「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」。公開当日、全世界で歓喜の雄叫びが聞こえるはずだ。

スター・ウォーズ 最後のジェダイ」は、12月15日に世界公開される。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi