JY、桐谷美玲主演作で初の映画主題歌!グラミー賞プロデューサーとコラボ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年11月6日 > JY、桐谷美玲主演作で初の映画主題歌!グラミー賞プロデューサーとコラボ
メニュー

JY、桐谷美玲主演作で初の映画主題歌!グラミー賞プロデューサーとコラボ

2017年11月6日 15:00

作詞にも参加したJY「リベンジgirl」

作詞にも参加したJY
(C)2017「リベンジgirl」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 桐谷美玲の主演最新作「リベンジgirl」の主題歌が、「KARA」の元メンバーであるJY(知英)とグラミー賞受賞プロデューサーがコラボして書き下ろした新曲「Secret Crush~恋やめられない~」に決定した。JYは、今作で初めて映画主題歌を担当する。

同楽曲の作詞作曲を手がけたのは、英人気ポップグループ「ワン・ダイレクション」や米オルタナティブ・ロックバンド「ウィーザー」、ケイティ・ペリーらの楽曲をプロデュースしてきたサム・ホランダー氏。作詞にはJYも参加し、アーティストとしての新たな一面をのぞかせている。

JYは、「最初にサムさんが曲を提供してくださると聞いたときはびっくりしましたが、私もイギリス留学の経験があるので『ワン・ダイレクション』のチームとお仕事をご一緒できてとても嬉しかったです」と歓喜。「映画の脚本を読んで女の子の恋する気持ちにとても共感できたので、この素敵な曲と私も参加させていただいた歌詞にもぜひ注目して聞いてほしいです。映画が公開されるクリスマスシーズン、冬のラブソングとしてぴったり」「恋をしている女の子の応援ソングになればいいなと思います」とアピールしている。

リベンジgirl」は、東大卒でミスコン1位、イケメン彼氏持ちと完璧なステータスを誇りながらも、性格が最悪というイタい女の宝石美輝(たからいしみき)が、ふられた相手を見返すために総理大臣を目指す姿を描くラブコメディ。三木康一郎監督がメガホンをとった。12月23日から全国で公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 犬ヶ島の評論 犬ヶ島 ウェスの色彩センスが日本でいっそう花開いた “犬ヶ島”の背景が鮮烈!
  • ファントム・スレッドの評論 ファントム・スレッド 一糸乱れぬ映画術で観客を夢見心地に誘う、媚薬のような作品
  • 男と女、モントーク岬での評論 男と女、モントーク岬で 老境を迎えた巨匠が描く恋愛は驚くほどみずみずしく、老練で深い洞察が垣間見える
映画評論の一覧を見る
Jobnavi