タル・ベーラ監修「鉱 ARAGANE」 炭鉱を映した小田香監督「地下で時間を失う感覚を表現したい」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年10月20日 > タル・ベーラ監修「鉱 ARAGANE」 炭鉱を映した小田香監督「地下で時間を失う感覚を表現したい」
メニュー

タル・ベーラ監修「鉱 ARAGANE」 炭鉱を映した小田香監督「地下で時間を失う感覚を表現したい」

2017年10月20日 15:00

小田香監督「鉱 ARAGANE」

小田香監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース]山形国際ドキュメンタリー映画祭2015アジア千波万波部門特別賞受賞作で、ボスニア・ヘルツェゴビナの炭鉱の姿を捉えたドキュメンタリー「鉱 ARAGANE」が10月21日公開する。タル・ベーラ監督が監修し、サラエボの映画学校で学んだ小田香監督が作品を語った。

ボスニア・ヘルツェゴビナの首都サラエボ。その近郊にあるブレザ炭鉱は操業100年の歴史を持ち、地下300メートルの世界では坑夫たちが黙々と作業を進め、杭を掘り進めている。爆音を響かせ続ける掘削重機、男たちが振り上げるツルハシ、鉱山から掘り出される石の小さな断片など、鉱山、そして労働者たちをカメラがひたすら見つめていく。

タル・ベーラが創設したサラエボの映画学校の博士課程に在籍していた小田監督。本作製作のきっかけは、学校の課題からだという。「タル・ベーラ監督から、カフカの短編小説を脚色して映画にしなさいと課題を出されたのです。そのカフカの小説は、石炭に関する物語でした。それで私は炭鉱会社へ映画のリサーチに行きました。リサーチをしながら、炭坑の空間自体が面白いと感じました。それで学校の課題はやめて、『鉱 ARAGANE』の撮影に入ったのです」

2014年10月から2017年3月の期間中、1日につき大体4時間、10回ほど炭坑に入り、自ら撮影した。地上から地下の採掘場に入る道は、300メートル、20分程度かかる長い道のりだったという。


画像2

(C)film.factory/FieldRAIN
[拡大画像]

「炭鉱に入って人間と機械はお互いに無視できない存在だと感じました。炭鉱にある機械が“色っぽい”と思ったんです。油がヌルヌルしたり光ったり(笑)。人の営みや労働を無意識に感じていたと思います。大きな機械が動くのも人間がそこにいるからだと思いました」

「現場でいきなり炭坑夫たちのリアクションを撮っていきました。私がやった唯一のことは、炭坑夫たちと、彼らがつけているヘッドランプの動きに対応することでした。カメラは、ほとんど三脚を据えて撮っています。現場で私は、カメラをどこに置くか、フォーカスをどこに合わせるか、ということぐらいしか考えていませんでした。ただ編集のときにはいろいろ考えました」

炭坑から外に出てきたときの雪の明るさが印象的だ。「地下にいると日光がないし、ずっと騒音の中にさらされているので、時間の感覚を失うのです。何時間穴の中にいるのか、よくわからなくなってくる。その地下で時間を失う感覚を表現したかったのです。どうすればそうできるかを考えていました」

今作「鉱 ARAGANE」には映画学校での学びが影響していると実感しているそう。「タル・ベーラ監督は、『きちんと人間と向き合って撮りなさい』とよく言っていますね。あと“正直であれ”ということです。今作を見て一言、『誇りに思うよ』と言ってくださり、すごく嬉しかったです。そして、『行動して作った、撮った、結果だ』と話してくれました」そして、長編デビュー作が劇場公開を迎えるにあたり、「『鉱 ARAGANE』を見てもらうことで、『彼ら』が『ここ』にいることを知ってもらいたいです」と結んだ。

鉱 ARAGANE」は、10月21日から新宿K’s cinemaで公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニーチェの馬[DVD] ニーチェの馬[DVD]最安値: ¥4,147
Powered by 価格.com

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 天気の子の評論 天気の子 “あえて間違える”という姿勢。フィクションでしか描けない、逆説的な正しさ
  • よこがおの評論 よこがお 大胆な構成、巧妙な演出で、ある女性の流転と変容を描く人間探求ミステリー
  • 隣の影の評論 隣の影 隣人トラブルがスプラッタ・ホラーに発展。原因はアイスランドの特殊な事情!?
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報