「キャロル」脚本家、パトリシア・コーンウェル「検屍官」シリーズ映画版を執筆 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年12月5日 > 「キャロル」脚本家、パトリシア・コーンウェル「検屍官」シリーズ映画版を執筆
メニュー

「キャロル」脚本家、パトリシア・コーンウェル「検屍官」シリーズ映画版を執筆

2016年12月5日 21:30

パトリシア・コーンウェル「キャロル」

パトリシア・コーンウェル
写真提供:アマナイメージズ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] パトリシア・ハイスミス著「ザ・プライス・オブ・ソルト」を映画化した「キャロル」(ケイト・ブランシェットルーニー・マーラ主演)でアカデミー賞脚色賞にノミネートされたフィリス・ナジーが、作家パトリシア・コーンウェルの「検屍官」シリーズを映画化する新作を執筆すると、米ハリウッド・レポーターが報じた。

女性検屍官ケイ・スカーペッタが活躍する原作は、1990年の第1作から今年出版された第24作「Chaos(原題)」まで続いている大ベストセラー・シリーズ。全作の映画化権を所有している米Fox2000が、2009年に映画化企画を立ち上げ、一時はアンジェリーナ・ジョリーがスカーペッタ役で主演することを前提に準備が進められていたが、なかなか進捗が見られなかった。

このほど、Fox2000は女性心理の機微を描くことに長けたナジーを脚本家として起用。映画は、米20世紀フォックスのリメイク版「オリエント急行殺人事件」を手がけるマーク・ゴードンがプロデュースする。監督やキャストはまだ決定していない。

キャロル スペシャル・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] キャロル スペシャル・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥5,573 エレガントな大人の女性に心奪われた若いヒロインの禁断の恋を描いた作品。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 犬ヶ島の評論 犬ヶ島 ウェスの色彩センスが日本でいっそう花開いた “犬ヶ島”の背景が鮮烈!
  • ファントム・スレッドの評論 ファントム・スレッド 一糸乱れぬ映画術で観客を夢見心地に誘う、媚薬のような作品
  • 男と女、モントーク岬での評論 男と女、モントーク岬で 老境を迎えた巨匠が描く恋愛は驚くほどみずみずしく、老練で深い洞察が垣間見える
映画評論の一覧を見る
Jobnavi