第29回東京国際映画祭はインドネシア映画を特集!“究極の多様性”に観客誘う

2016年7月31日 08:00

インドネシアの究極の多様性を堪能
インドネシアの究極の多様性を堪能

[映画.com ニュース] 10月25日~11月3日に開催される第29回東京国際映画祭が、インドネシア映画を特集することがわかった。「国際交流基金アジアセンター presents CROSSCUT ASIA」部門で、「カラフル!インドネシア」と題し、究極の多様性を内包すると言われる同国の作品に焦点を当てる。

宗教、民族、ジェンダーなど、現代社会が抱えるテーマや、さまざまな愛の形を豊かな表現で紡ぐ、インドネシアの若手作家たちの作品を紹介する。会期中には監督や俳優ら多数のゲストを招き、映画上映に際してQ&Aセッションやシンポジウムなどを行う予定だ。

画像2

また、古典的映画がスクリーンによみがえる「復元映画コレクション」では、世界的な映画人を輩出する米ハリウッドの名門大学UCLAが誇る「UCLA映画テレビアーカイブ」をセレクト。ジョン・フォード監督作「荒野の決闘」(1946)をはじめ、サイレントから80年代までのアメリカ映画を上映する。

第29回東京国際映画祭は、10月25日~11月3日に東京・六本木ヒルズほか各所で開催される。チケットは、10月15日に発売開始。

(映画.com速報)

Amazonプライムビデオ
荒野の決闘(字幕版)
をプライムビデオで今すぐ見る!
Amazonで今すぐ購入
荒野の決闘[Blu-ray/ブルーレイ]

荒野の決闘[Blu-ray/ブルーレイ]

映画史に残る「OK牧場の決闘」がBlu-rayで甦る!

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース