「はじまりのうた」監督最新作「シング・ストリート」、音楽が心を揺さぶる予告編完成

2016年5月10日 17:00

「シング・ストリート 未来へのうた」ポスター
「シング・ストリート 未来へのうた」ポスター

[映画.com ニュース] 「はじまりのうた」「ONCE ダブリンの街角で」のジョン・カーニー監督の最新作「シング・ストリート 未来へのうた」のポスターと予告編が、このほど完成した。

映画は、歴史的な不況に突入した1985年のアイルランドのダブリンが舞台。14歳の少年コナーは、父親の失業によって公立の荒れた学校に転校させられてしまい、唯一の楽しみは音楽狂いの兄とロンドンのミュージックビデオを見ることだけ。ある日、街で見かけた大人びた少女・ラフィーナの美しさに心を奪われたコナーは、「僕のバンドのPVに出ない」と声をかけてしまい、あわててバンドを結成。やがて、ロンドンの音楽シーンを驚がくさせるPVを撮りたいという思いが沸きあがり、曲作りを開始する。

本作は、米映画批評サイト「Rotten Tomatoes」で一時100%を振り切る高評価を獲得したほか、「U2」のボノが「2016年ベストムービー」と絶賛したことでも話題を呼んでいる。各所で称賛される要因のひとつに音楽があり、主題歌を「はじまりのうた」に出演した「Maroon 5」のアダム・レビーンが担当し、その他の80年風のオリジナル楽曲は新世代のギターヒーローと謳われるゲイリー・クラークが手がけた。さらに、「デュラン・デュラン」「ザ・キュアー」「ザ・クラッシュ」「ザ・ジャム」「ホール&オーツ」といった80年代ブリティッシュミュージックも使用されている。

予告編は、そんな音楽の魅力が凝縮されており、コナーの心に芽生えた恋心と音楽への好奇心が大きな情熱へと変化していくさまが、オリジナル楽曲に乗せて描かれる。音楽が登場人物の心に寄り添うかのように鳴り響く、カーニー監督ならではの映像となっている。

シング・ストリート 未来へのうた」は、7月9日から東京・ヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷シネクイントほか全国で公開。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース