園子温絶賛の「マジカル・ガール」監督は漫画家! 脚本執筆中「まどマギ」にはまる

2016年3月3日 17:00

スペインで出版された カルロス・ベルムトの漫画「Psicosoda」
スペインで出版された カルロス・ベルムトの漫画「Psicosoda」

[映画.com ニュース] ペドロ・アルモドバル園子温監督が絶賛するスペイン映画「マジカル・ガール」で長編デビューを飾ったカルロス・ベルムトは、映画監督でありながら、漫画家・イラストレーターとしてのキャリアを持つ異才だ。

美術学校を卒業後、2006年に古代インドを舞台にした「El Banyan rojo(赤いバニヤンの木)」で漫画家デビューを果たす。ヒンドゥー教の神話をベースにした物語に、人間の善悪や闇の部分に切り込んだ哲学的なテーマでその才能を知られるようになり、バルセロナ国際コミックコンベンションで4部門にノミネートされた。

その後、ブラックな短編を集めた「Psicosoda(サイコソーダ)」や、アレックス・デ・ラ・イグレシア監督によるTVドラマを基にした漫画「Pluton BRB Nero, la venganza de Maripili」を発表。2012年には、自身が大ファンである「ドラゴンボール」にオマージュを捧げた「Cosmic Dragon(コスミック・ドラゴン)」を発表している。

そんなベルムトは、アニメ、マンガをはじめとした日本のカルチャーに造詣が深く、「マジカル・ガール」の脚本を執筆中には、「魔法少女まどか☆マギカ」にハマっていたという。願いを叶えるため、犠牲を払わなければならない少女たちの姿を描いたダークさにひかれたと語っている。

2014年サンセバスチャン国際映画祭グランプリと監督賞をダブル受賞した「マジカル・ガール」は、キーアイテムとなってくる架空の日本アニメ「魔法少女ユキコ」や少女が欲しがるコスチュームなど、ベルムト自身が原画を描いた。日本人が親近感を覚える要素が全編にちりばめられた、スペインのフィルムノワールの傑作をぜひスクリーンで確認して欲しい。

マジカル・ガール」は3月12日から、全国順次公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース