桜田通&渡部秀らイケメン5人がブラック企業と闘う就活生を熱演!

2015年12月20日 17:00

就活生の苦労を体現した桜田通(左から3人目)ら
就活生の苦労を体現した桜田通(左から3人目)ら

[映画.com ニュース]就職活動生とブラック企業の闘いをオムニバスで描いた「シュウカツ」の完成披露イベントが12月20日、東京・渋谷のユーロライブで行われ、各話の主演を演じた桜田通渡部秀廣瀬智紀横浜流星戸谷公人千葉誠治監督が舞台挨拶に出席した。

ライバル(渡部)を蹴落とそうとする学生を演じた桜田は、眉をひそめながら「とてもひどいなと思っていました。演じながら」と自らの役柄を振り返った。一方の渡部は、「実際にそういう就活生もいると思う。今の世の中、若者に対してのメッセージが含まれているんじゃないかな」と作品を分析した。さらに劇中では険悪な関係の桜田とは、所属事務所が同じで普段は仲がいいと話し、「一緒に歌って踊ったりはするけど(笑)、お芝居は初めてで新鮮でした」とニッコリ。劇中とは正反対の仲良しぶりを見せ、集まったファンを沸かせていた。

また、28歳にして就活生を演じた廣瀬は「フレッシュさをどうやって求めようかと考えた」と苦笑い。役柄には「こんな就職活動嫌だな」と本音を漏らしたが、「でもこんな僕らの姿を見た就活生は、逆に勇気をもらえるんじゃないかなと思った」と、実際の就活生にエールを送った。

5人の中で最年少の横浜は、「まだ19歳なので就職活動をしたことないので、先取りできた気分」と満足げ。膨大な量のセリフについて、千葉監督から「流星くんはセリフ完璧だった」と太鼓判を押されると、「専門用語が多かったので一言一句覚えた」と達成感をにじませた。

シュウカツ」は、就活生とブラック企業との就職トラブルを「見えない相手」(主演:戸谷)、第2話「拡散」(主演:横浜)、第3話「生き残り」(主演:廣瀬)、第4話「控え室」(主演:桜田、渡部)の4話のオムニバス形式で描く。動画配信や海外販売、映画祭を念頭に製作されている。2016年公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 封印映像「ヤドカリ」【OSOREZONE先行配信エピソード】
  • 封印映像「四角い跡」【OSOREZONE先行配信エピソード】
  • オーディション
  • 喰女 ―クイメ―
  • レザーフェイス 悪魔のいけにえ
  • ブロンソン
  • 封印映像38
  • ジェーン・ドウの解剖
  • サスペリア PART2 完全版
  • フェノミナ
OSOREZONE

Powered by 映画.com