「グッドフェローズ」プロデューサーが印税めぐりワーナーを提訴

2015年10月11日 12:40

マーティン・スコセッシ監督の傑作「グッドフェローズ」
マーティン・スコセッシ監督の傑作「グッドフェローズ」

[映画.com ニュース] マーティン・スコセッシ監督の傑作「グッドフェローズ」の印税をめぐり、プロデューサーのアーウィン・ウィンクラーがワーナー・ブラザースを提訴したとハリウッド・レポーター誌が報じた。

訴状によれば、ウィンクラーは純利益の5割を受け取る契約を結んでいたものの、ワーナーの不正経理により同作が赤字となっているため、印税をまったく受け取っていないという。なお、「グッドフェローズ」は製作費3000万ドルで、これまでに興行収益2億7500万ドルをあげているほか、ホームビデオ収益も1億2800万ドルあると原告は訴えている。

ハリウッドでは映画スタジオが不正経理で利益を抱え込むことは珍しくはなく、業界内で「スタジオ会計」は不正経理の比喩として用いられるほどだが、今回は不正操作額が大きすぎるため、「筋肉増強剤を打ったスタジオ会計だ」と原告は訴えている。

一方、ワーナーは「根拠のない主張であり、徹底して弁護する」とコメントしている。

(映画.com速報)

Amazonプライムビデオ
グッドフェローズ (字幕版)
をプライムビデオで今すぐ見る!
Amazonで今すぐ購入
グッドフェローズ[Blu-ray/ブルーレイ]

グッドフェローズ[Blu-ray/ブルーレイ]

最安価格: ¥973

幼い頃からマフィアに憧れ12歳でその世界に入った青年の実話をもとに、友情や裏切りを描いた傑作ドラマ。

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース