「それでも夜は明ける」の脚本家がマーベルの謎のテレビドラマを執筆

2015年4月30日 23:10

脚本家ジョン・リドリー
脚本家ジョン・リドリー

[映画.com ニュース] 「それでも夜は明ける」の脚本家ジョン・リドリーが、マーベル原作のテレビドラマを執筆することになったと、エンターテイメント・ウィークリー誌が報じた。

内容は不明だが既存のマーベルキャラクターを題材にしたドラマで、米ABCで放送予定。マーベル原作の「エージェント・オブ・シールド」と「エージェント・カーター」の全米放送をしているABCは、「エージェント・オブ・シールド」のスピンオフ製作を発表したばかりで、マーベル色を強めつつある。

ちなみに、「それでも夜は明ける」でアカデミー賞脚色賞を受賞したリドリーは、2016年公開のリメイク版「ベン・ハー」(ティムール・ベクマンベトフ)の脚本・製作総指揮を務める一方で、ABCの新ドラマ「アメリカン・クライム(原題)」の製作総指揮を務めている。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース