優希美青、足立梨花とのダブル主演作は「でーれー泣いた」

2015年1月14日 22:00

“でーれーな話”を披露した4人
“でーれーな話”を披露した4人

[映画.com ニュース] 原田マハ氏の小説を映画化した「でーれーガールズ」の完成披露試写会が1月14日、都内で行われ、ダブル主演の優希美青足立梨花安蘭けい白羽ゆり桃瀬美咲山根千佳大九明子監督が舞台挨拶に出席した。

1980年の岡山を舞台に、2人の少女の出会いと友情を描く。東京から転校してきた鮎子(優希)は、同じクラスの武美(足立)と親友になったが、2人はある事件から仲違いしてしまう。30年後、漫画家になった鮎子は、教師になった武美と再会。成長した2人は、あの時どうしても言えなかった秘密を語り合う。

主演の2人は所属事務所の先輩・後輩にあたるが、足立は「ドラマでも共演していますが、事務所でも挨拶するくらいでそこまで話したことなかったんです。中学3年生と22歳で話があうのかとドキドキ不安だった」と吐露。それでも、互いに「名探偵コナン」好きということで打ち解けあったそうで、「話せる機会が増えたので、撮影中は楽しかったです」と笑顔で語っていた。

また、成長した鮎子と武美を、元宝塚歌劇団トップコンビの安蘭と白羽が好演。退団後初の共演ということもあり、安蘭は「宝塚時代、私は男役。女性役で共演できるのは夢のようです。見ていただければわかります、(自分が)どれだけカッコいいか」と胸を張り、白羽も感慨深げな様子だった。

さらに、タイトルにもある岡山弁「でーれー(ものすごいの意)」にちなみ、登壇陣はくじ引きでそれぞれ「でーれーな話」を披露。優希は、「でーれー泣いた話」として「映画のクランクアップの日に涙が止まらなくなった」と明かし、「いままでほかの現場ではそういうことがなくて、映画に対する思いや鮎子ちゃんに対する思いが強かった。でーれー泣いたな」と照れ笑いを浮かべた。

一方、「でーれー驚いた話」の安蘭は「あまりの私のスクリーン映りの良さにびっくりしました」と得意満面に話し、客席の笑いをさらった。岡山出身の桃瀬は、「『でーれー』も『もんげー(同様に“ものすごい”の意)』も、普段言ったことがありません!」と話し、会場をあ然とさせていた。

でーれーガールズ」は、2月21日から全国で公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース