「ファインディング・ニモ」続編のあらすじが明らかに!今度の舞台は海じゃない!?

2015年1月5日 11:15

今度はドリーが自分のルーツを探す旅
今度はドリーが自分のルーツを探す旅

[映画.com ニュース] 大ヒット作「ファインディング・ニモ」(2003)の続編「ファインディング・ドリー(原題)」のあらすじが、ピクサー・アニメーション・スタジオ社長ジム・モリスの口から語られた。

ナンヨウハギのドリーを主人公にした新作は、前作から数カ月後の物語として描かれる。メインの舞台となるのは、海ではなく海洋生物の研究所。ドリーは、この施設で生まれ、幼い頃に大洋に放されたという設定だ。

カクレクマノミの親子マーリンとニモと一緒に暮らしていたドリーは、ニモの遠足についていき、マンタの群れが故郷に帰るところを見たことから、家族のことを思い出しホームシックになってしまう。生き別れになっている両親を探す旅に出ることを思いついたドリーは、マーリン&ニモと一緒にカリフォルニアを目指す。

前作に続き、人気コメディエンヌのエレン・デジェネレスがドリー、アルバート・ブルックスがマーリンの声を担当する。ドリーの両親チャーリー役とジェニー役に、ユージン・レビダイアン・キートン、シロイルカのベイリー役にタイ・バレルがキャスティングされている。新しいキャラクターとして、タコやトドも登場するという。

アンドリュー・スタントン監督が再びメガホンをとる「ファインディング・ドリー(原題)」は、16年7月公開。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース