「インデペンデンス・デイ」続編ついに始動!全米公開は2016年6月に

2014年11月29日 13:20

待望の続編にゴーサイン!
待望の続編にゴーサイン!

[映画.com ニュース] 米20世紀フォックスが、ローランド・エメリッヒ監督の「インデペンデンス・デイ」続編企画を正式にスタートさせた。これにあわせ、全米公開日が2016年7月1日から同年6月24日に再調整された。

米Deadlineによれば、スタジオは来年5月に撮影開始に向け、これからエメリッヒ監督と契約を結ぶという。当初は2部作として15年7月に公開されると報じられていたが、今回ゴーサインが出たのは1作だけ。エメリッヒ監督のほか、オリジナル版の共同脚本家でプロデューサーのディーン・デブリン、「ホワイトハウス・ダウン」の音楽とプロデュースを手がけたハラルド・クローサーが製作を務める。

前作でブレイクしたウィル・スミスは、今年2月に続編への不参加を表明。スミスの相棒役を演じたジェフ・ゴールドブラムは、10月のタイム誌のインタビューで、続投についてエメリッヒ監督&デブリンと話し合ったことを明かしている。エメリッヒ監督の契約がまとまり次第、キャスティングが進められるようだ。

エメリッヒ監督とデブリンが共同で執筆した初稿を、「ホワイトハウス・ダウン」「アメイジング・スパイダーマン」のジェームズ・バンダービルトがリライトした脚本は、前作から20年後の世界を舞台にした内容だと報じられていた。しかし、今年5月からカーター・ブランチャードが改稿しており、最新版のプロットなどは明かされていない。

宇宙人による地球侵略の危機に際し、人類が米大統領を中心に一致団結して立ち向かう姿を壮大なスケールで描いた前作は、全世界で8億1740万ドルの興行収入を記録した大ヒット作。続編が公開される16年は、オリジナル版が公開された1996年から20周年にあたる。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース