狂犬・加藤浩次、スタッフのミスに激怒?

2014年9月4日 17:50

凶暴なアライグマ・ロケットの吹き替えを 担当した加藤浩次
凶暴なアライグマ・ロケットの吹き替えを 担当した加藤浩次

[映画.com ニュース] 米マーベルコミック原作を映画化した「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の公開記念イベントが9月4日、都内で行われ、日本語版吹き替え版の声優を務めた加藤浩次山寺宏一遠藤憲一がレッドカーペットを歩いた。この日、加藤は自身がアフレコした凶暴なアライグマ、ロケットにちなみ、銃を撃つアクションを披露。ところが、加藤の動きに合わせ銃撃音が鳴るはずが、スタッフの手違いから無音で演じる羽目になってしまい、「(そのミスが)一番恥ずかしい!」と憤慨しながらもおどけてみせ、会場を沸かせた。

銀河を滅亡させる力を持つ秘宝をめぐる戦いに巻き込まれたピーターとロケットの激闘を描く本作。8月の全米公開以後、現在まで全世界興行収入500億円を突破。「アイアンマン」のロバート・ダウニー・Jr.が「マーベル史上最高の映画」と絶賛したことでも話題を集めている。

加藤は「山寺さんをはじめ、そのほかの役も声優のトップの方ばかり。その中に、僕みたいのが入っていいのかなと思った」と不安を明かしたが、「周りの方たちが、本当にしっかり僕のつたない部分を支えてくれた」と信頼をのぞかせた。遠藤は心優しい木の妖精・グルート役を務めたが、劇中では「私はグルート!」というセリフのみだったそうで「あ、ラッキーと思った」と振り返る。一方で、そのひと言のみで喜怒哀楽を表現するため苦心したと言い、「ふだん、俳優をやっているよりもNGをいっぱい出しながら、苦労して作った」と吐露した。

さらに、この日のために制作されたロケットの等身大フィギュアも登場。加藤が録り下ろしたセリフで会話したり、声に合わせて首が動くなどのギミックにキャスト陣は驚いていた。しかし、山寺は「滑舌がいまいちですね!」とバッサリ評価し、加藤も「2人でいっぺんにスベったみたいになってますね」と苦笑を浮かべていた。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」は、9月13日から全国で公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース