川口春奈、福士蒼汰にチュー!女性ファンからは悲鳴&歓声

2014年5月22日 19:08

川口春奈が福士蒼汰の頬にキス!
川口春奈が福士蒼汰の頬にキス!

[映画.com ニュース] 人気少女漫画を映画化した「好きっていいなよ。」のPRイベントが5月22日、都内で行われ、主演を務める川口春奈福士蒼汰が出席した。キスから始まる青春ラブストーリー。イベントでは川口が福士の頬にキスをする場面があり、駆けつけた女性ファンからは悲鳴にも似た歓声が。川口は「何だかごめんなさい」と恐縮しきり。一方の福士は赤面したまま「いやあ……」と照れまくっていた。

友人も恋人も作らずに生きてきた16歳の女子高生・橘めい(川口)が、学校一のイケメン・黒沢大和(福士)からの突然のキスに心揺らせながら、次第に心を通わせる姿を描いた青春ラブストーリー。2008年4月に「月刊デザート」(講談社刊)で連載がスタートし、累計発行部数540万部を突破する葉月かなえ氏の人気コミックを映画化した。

川口は「夢があってキラキラした物語なので、皆さんのイメージを壊さないよう精いっぱい演じたつもり。悩んだり、苦しんだり、複雑な思いを表現するのが難しく、自分の(演技の)スキルが求められた気がした」とヒロイン役を振り返った。

劇中には数回のキスシーンがあり、福士は「何回も……、してるんすよ。ワンシーンで6回キスすることもあって」と思わず苦笑い。「監督さんと春奈ちゃんと一緒に、どんなキスがいいのか相談した結果」とファンに説明していた。

映画には川口と福士をはじめ、市川知宏足立梨花永瀬匡西崎莉麻山本涼介八木アリサらが共演した。監督は「森崎書店の日々」の日向朝子で、脚本も兼任。イギリスの人気グループ「ワン・ダイレクション」の楽曲「ハッピリー」が主題歌に起用されている。

好きっていいなよ。」は7月12日から全国公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース